哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

NHKうたコン

平成30年7月10日のNHK「うたコン」

投稿日:

タイの洞窟に閉じ込められていた少年たち。

この記事作成中に流れたニュース速報によれば、

全員無事に救出されたらしいですね。

救出のためにはさまざまな障害がありまさに四面楚歌、八方ふさがりという話で、

全員無事、というわけにはいかないのでは・・・

と思っていたので少し驚きましたが、よかったですね。

救出に尽力しながら亡くなってしまったダイバーの方のご冥福をお祈りいたします。

 

それから今後、少年たちをダシにしてカネ儲けしようとたくらむ人間が出てこないことを願うばかり。

コーチや少年たちに本を書かせて儲けようとか、

もしくはなんらかのかたちで自分の売名に利用しようとする人間が出てきそう。

 

それはともかく、今回のNHK「うたコン」は、

「みんな愛した浜口庫之助名曲集」。

出演は、井上芳雄,丘みどり,堺正章,長山洋子,錦野旦,福田こうへい,マイク眞木,由紀さおり,徳永英明。

アイドル系がいなくて安心感はあった。

今回は以下のような内容でした。

 

「愛して愛して愛しちゃったのよ」・・由紀さおり&堺正章

「涙くんさよなら」・・・・・・・・・井上芳雄&徳永英明

「恍惚のブルース」・・・・・・・・・丘みどり

「有難や節」・・・・・・・・・・・・福田こうへい

「夜霧よ今夜も有難う」・・・・・・・井上芳雄

「愛のさざなみ」・・・・・・・・・・由紀さおり

「空に太陽がある限り」・・・・・・錦野旦

「バラが咲いた」・・・・・・・・・・マイク眞木

「夕陽が泣いている」・・・・・・・・堺正章

「鳰の湖」・・・・・・・・・・・・・丘みどり

「じょっぱり よされ」・・・・・・・長山洋子

「夢を信じて」・・・・・・・・・・・徳永英明

 

今回は出演者の年齢層が高く、

曲も浜口庫之助特集なので古い曲ばっかりで、

ジャニーズ系もAKB系もいなくて

視聴率的には厳しくなりそう?

しかし個人的には、「勉強になった」という感じでした。

曲目は予想通りだったが・・・

浜口庫之助特集は、

曲は古すぎて私でもリアルタイムでは知らないものばかりでしたが、

なんというか、浜口作品はほんとうに一風変わった曲が多かったんですね。

なんだこれヘンな曲・・・と思っちゃうものもあるけれど、

とりあえずインパクト絶大で一度聴けば覚えちゃう、

という曲を量産したのは、やはり天才のなせるわざだったんだろうな、と。

amazon.co.jp スター☆デラックス 浜口庫之助 自作自演集

 

「空に太陽がある限り」はいつ聴いてもカッコいい曲だなあ。

この曲を聴くといつも思うことは、

錦野旦が歌うとなんとなくさわやかで悲壮感はあまりないけれど、

アレンジと歌い手次第では哀しみあふれるドラマティック歌謡になるんじゃないのかな、ということで、

だれかがそういうアレンジで歌ってくれないかな。

 長山洋子の新曲は待望の立ち弾き三味線曲!!

長山洋子が新曲の「じょっぱり よされ」を披露。

ロック調の立ち弾き三味線曲。

amazon.co.jp じょっぱり よされ/恋・三味線

 

長山洋子の立ち弾き三味線曲というと、

どうしても「じょんから女節」が思い浮かんでしまうというのは

私だけでなく多くの演歌ファンがそうではないでしょうか。

 

彼女自身もそれはわかっているようで、

定期的に出している立ち弾き三味線曲について、

「良くも悪くも『じょんから女節』を意識しますよね。あれを超える作品を・・・と意識して似てしまったり、敢えて変えたり。それで曲の制作に苦しんだ時期もありました」

「でも、『じょんから女節』から15年以上の時間が経って(中略)やっと『じょんから女節』の影から離れた立ち弾き三味線ものをつくってもらった・・・という感じがするんです」

と語っています。

(「歌の手帖」8月号のインタビューより引用)

amazon.co.jp 月刊 歌の手帖 (2018年8月号)

 

たしかに、「じょんから女節」はあまりにもインパクトが大きい名曲なので、

私も今回の「じょっぱり よされ」を聴き

無意識に「じょんから女節」と比較していましたね。

比較しちゃうと、やはり歌メロのインパクトは「じょんから女節」には及ばない、と思ってしまいますね。

 

今回は長山の三味線の師匠である澤田勝秋氏(今回、向かって右側で三味線弾いてた人)

が久々に登場。いつもカッコいいなあ。

あの、無表情なのかうっすら笑みを浮かべているのかよくわからない、

まるで仏像のようなすずやかな表情で

腕以外は微動だにさせず弾く姿は、

そこらの若造には絶対に醸し出せない、底知れないカンロクを感じさせます。

↑カッコよすぎる。

 

しかし・・せっかく3人で三味線を弾いてるんだから、

三味線ソロの掛け合いで火花が散るようなバトルを展開するとか、

長尺の三味線ソロを挿入するとか、

そういうのをテレビではみせてほしいのにな。

 

 

あと、丘みどりが「鳰の湖」を歌ってくれたのはよかったんだけど、

アウトロを乱暴にぶった切るのはやめてくれませんかね。

せっかくの熱唱が台無しなんですけどね。

徳永英明の曲を削ってその時間で

「鳰の湖」をフルコーラスにし、長山洋子に三味線ソロをやらせればよかったのに・・・

って言ったら徳永ファンに怒られますかね。

 

といったところで今回は終わりにします。

来週は、先日ニューアルバムについて記事にした加山雄三

加山雄三「演歌の若大将~Club 光進丸~」を聴いた

と、来月に待望の新曲が発売となる西田あい

が出るようなので必見です!

-NHKうたコン
-, , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.