哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

演歌・歌謡曲 音楽番組の感想

平成30年7月14日のBSフジ「名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディ」#5 がまたまたカッコよすぎた 

投稿日:

7月14日、BSフジにて不定期に放送されている歌番組

「名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディ~」をみました!

第2回については私の別ブログにてその感想を記事にしました

BSフジの「名歌復活!弾き語り昭和のメロディー」がカッコよすぎた(別ブログの記事です)

が、どうやらこれが第5弾みたい。

すると3回目と4回目については見逃してしまったようですが、

2回目はとにかくめちゃめちゃカッコよかったので、

期待に胸を膨らませていました。

とっておきの酒を開封し、チビチビやりながら視聴しました!

ヨッパラって書いてますので、間違いがあったらすみません。

演歌ファン必見のホンモノの歌番組

「名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディ~」は、

私が神と崇める弦哲也先生をはじめ、岡千秋・徳久広司・杉本眞人の

4人の大作曲家たちがそれぞれの名曲を弾き語りで歌唱する番組。

<BSフジ土曜エンターテインメント>『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー~』

 

あまりにも豪華すぎる内容で、演歌ファンならば必見ですね。

数人の歌手も出演するのがならいになっていて、

今回は山口かおると門倉有希という、ハスキーボイスが超魅力的な二人が出演。

さらにスペシャルゲストに山崎ハコ。すごいメンバーですね。

 

今回の曲目は以下のようになっていました。

 

「北の旅人」(石原裕次郎)・・・・岡千秋

「長良川艶歌」(五木ひろし)・・・弦哲也

「夜桜」(山川豊)・・・・・・・・徳久広司

「銀座のトンビ」・・・・・・・・・杉本眞人

「演歌みち」(松原のぶえ)・・・・岡千秋

「小さな竹の橋の下で」(ハワイアンの定番曲)・・・弦哲也

「おととし泣いた夕暮れと」(三上寛)・・・・徳久広司

「愚図」(研ナオコ)・・・・・・・杉本眞人

「月の沙漠」・・・・・・・・・・・岡千秋

「暗夜航路」(キム・ヨンジャ)・・弦哲也

「織江の唄」・・・・・・・・・・・山崎ハコ

「ざんげの値打ちもない」(北原ミレイ)・・山崎ハコ

「人間模様」(石川さゆり)・・・・杉本眞人

「横浜から」・・・・・・・・・・・山崎ハコ

「おはん」(五木ひろし)・・・・・岡千秋

「カトレア」・・・・・・・・・・・門倉有希(ギター・杉本眞人)

「献身」(秋庭豊とアローナイツ)・・山口かおる(ギター・徳久広司)

「おれの小樽」(石原裕次郎)・・・弦哲也

「想い出をありがとう」・・・・・・徳久広司

全部がカッコよすぎたのでとても言及しきれない

冒頭の、弦先生作曲の「北の旅人」を岡千秋氏がピアノ弾き語りで、

さらに岡千秋氏の「長良川艶歌」を弦先生が弾き語りで・・・

という驚愕の展開にいきなりノックアウトされてしまいましたが、

まあ~とにかくカッコよかった。

全員がもはや伝説ともいえるレベルの作曲家だから当たり前ですけど、

ギターやピアノの弾き語りってなんでこんなにカッコいいんですかね。

 

岡千秋氏がフェイバリット・ソングとして歌った「月の沙漠」は、

童謡としてしかとらえてなかったんですが、

岡千秋氏がピアノ弾き語りで、しかもあのダミ声で歌うと

超絶ドラマティック歌謡に変身してしまったし、

山川豊の「夜桜」は今回の弾き語りバージョンのほうが圧倒的にインパクトがありました。

 

徳久広司氏の石原裕次郎トリビュート曲「想い出をありがとう」は、

聴いたことはあったものの今回語られたような

石原裕次郎が亡くなった夜に熱狂的裕次郎ファンのアナウンサーから頼まれて

別にレコードにしようとか考えるわけでもなく2時間くらいで作詞作曲して彼にプレゼントした、

という話は知りませんでした。

あらためて聴くと・・・もしこんな曲を葬儀で歌われたら参列者全員号泣必至ですね。

amazon.co.jp 神髄・北へ帰ろう
↑音源は残念ながら入手困難なようです。

過小評価されすぎな山口かおる

個人的に大好きな歌手である山口かおるは、

徳久広司作曲で秋庭豊とアローナイツが歌った「献身」を歌唱。

この曲はシングルになりましたね。

amazon.co.jp 献身

私が「過小評価されてると思う歌手は」と訊かれたとしたら

かならずこの人の名前を挙げるであろう、

もっと売れてしかるべき人。

「哀愁フラメンコ」とか

素晴らしい曲がたくさんあるのに。

しかもこのカッコよすぎるカスレ声。最高ですね。

この曲も含んだ彼女の「山口かおる歌謡曲集」アルバムは

私の愛聴盤です。「月の砂時計」も名曲!↓


amazon.co.jp 山口かおる歌謡曲集「哀愁フラメンコ」

この番組を語るには私はまだまだガキすぎる

ほかにも言及したいことはたくさんありますが

キリがない(ていうか酔っぱらっちゃって眠い)

のでこのへんにしておきます。

 

しかし、「銀座のトンビ」といい「愚図」といい、

人生経験が豊富であればあるほどに

ふかく感じられるものがあるような、

聴きごたえのある曲ばかりでした。

こういう曲を聴いてなんだかんだと語るためには、

50にもなってない私はまだまだガキすぎですね。十年早い、って感じ。

 

こういう曲たちを歌ったり語ったりするのにふさわしい人間になりたいものだ・・

と願いつつ、次回も楽しみに待ちます!

-演歌・歌謡曲, 音楽番組の感想
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.