哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

NHKうたコン

平成31年3月5日のNHK「うたコン」

投稿日:

2回目の米朝首脳会談が事実上の決裂に終わりましたね。

トランプ大統領が金委員長に対して拉致問題に関して提起した・・・ということを

安倍首相は「成果」と言っていましたが、

そんな程度のことで「成果」?

ほんとうは解決する気なんかないし自分にはできないのがわかっているんだろ・・

と国民は怒らなければなりません。

できないのならできないと被害者家族と国民にきちんと説明し、潔くやめるべきだ。

 

ただ単に富と名声が欲しかっただけで大統領選に出て

間違って当選しちゃったような下品なオッサンを頼りにして

「頼むよ。金の奴にひとこと言っといて」と依頼し、

ちょっと言ってもらった(ほんとうに言ったかどうかも疑問)だけで「成果」だって。正気なの?

 

この男が首相をやっているかぎり、というか

自民党が政権を握っているかぎり拉致問題は絶対に解決しない

のははっきりしているわけで、

そう考えれば拉致問題が解決しないのは自民党を支持している国民のせい。

次の参院選で自民党を惨敗させることが、

拉致問題解決のためにただひとつ国民ができることじゃないでしょうか。

 

全然関係ないけど、岩屋防衛大臣(自民党所属)って中条きよしにソックリですよね。声まで似てる。

中条きよしのヒット曲のタイトルが「うそ」、というのがなんとも皮肉。

自民党は「あなたの嘘がわかるのよ」と思っている国民もたくさんいる、

ということを徹底的に理解するべきだ。

 

それはともかく、今回のNHK「うたコン」は、

「昭和VS.平成~春の名曲歌合戦~」。

出演は、

石川さゆり,石野真子,石丸幹二,イルカ,大原櫻子,丘みどり,欅坂46,DA PUMP,夏川りみ,ハロプロ・オールスターズ,宮野真守,山本リンダ。

大人数グループはもうおなかいっぱい

今回は以下のような内容でした。

 

「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」・・DA PUMP

「どうにもとまらない」・・・・山本リンダ&モーニング娘。’19

「LOVEマシーン」・・・・・・モーニング娘。’19

「春ラ!ラ!ラ!」・・・・・・石野真子

「ウイスキーが、お好きでしょ」・・石川さゆり

「愛のボラーレ」・・・・・・・ISSA&石丸幹二&宮野真守

「なごり雪」・・・・・・・・・イルカ

「瞳」・・・・・・・・・・・・大原櫻子

「桜」・・・・・・・・・・・・DA PUMP

「花~すべての人の心に花を~」・・夏川りみ

「切手のないおくりもの」・・・大原櫻子&丘みどり&欅坂46

「僕はヒーロー」・・・・・・・宮野真守

「あすという日が」・・・・・・夏川りみ&石丸幹二

「黒い羊」・・・・・・・・・・欅坂46

「紙の鶴」・・・・・・・・・・丘みどり

「エターナリー」・・・・・・・石丸幹二

「YEAH YEAH YEAH」・・・・ハロプロ・オールスターズ

「酒供養~縁歌バージョン~」・・石川さゆり

 

欅坂46、ハロプロ・オールスターズなど、大人数のアイドルグループがゾロゾロと登場。

欅坂は残念ながら相変わらず曲がつまらないし、

ハロプロ・オールスターズに至っては

人数が多すぎて「学芸会」っぽさがプンプン匂ってしまう。

これが売れるからしょうがないんでしょうが、

間違ってもNHKのこの枠にみせられるほどのものじゃない。

実力のある人だけを選抜してもっと少人数でやったほうがいいのでは。

「~~高校ダンス部」とか言われてもまったく疑わないレベルのものをプロがやってちゃあダメでしょ。

石野真子のありえない若さと美しさ

石野真子が、ヒット曲「春ラ!ラ!ラ!」を歌唱。

もう58歳・・のはずなのに、

どこからどうみてもそうは見えない。

ムリに若作りしていて痛々しい・・・という感じもまったくない。

これを維持するためには想像を超える努力をしているはず。

どうすればこうなれるのかぜひとも知りたいものです。

 

ルックスもさることながら、歌唱もそれほど劣化してないのも凄い。

「春ラ!ラ!ラ!」は売り上げ枚数でいえばもっともヒットした曲らしいですが、

個人的には「わたしの首領」がいちばん好きかな。

デビュー曲の「狼なんか怖くない」といい、

吉田拓郎ってすげえな・・・というため息しか出てこない素晴らしい曲。

私はベスト盤を所有しているだけですべての曲を聴いてないですが、

これ以降の曲もいい曲が揃っていて、

しかも歌は年を追うごとにどんどんうまくなっていきます。

歌手としての評価はなぜか高くないのが不思議。

amazon.co.jp MAKO PACK(40th Anniversary Special)~オールタイム・ベストアルバム(2DVD付) CD+DVD, 限定版

「紙の鶴」はやっぱりスルメ曲

丘みどりが新曲「紙の鶴」を歌唱!

 

「折り紙王子」の作品がよく見えなかったのは残念だったけれど、

この曲を歌う姿をみられて満足。

さびしげな表情で歌うミステリアス演歌が続いた後のこの曲は、

丘みどりの新たな魅力を引き出しているように思えますね。

笑顔で歌う姿もやっぱり素晴らしく美しい。

ていうか、丘みどりは本来はこういう曲を歌うべき人なのかもしれません。


amazon.co.jp 紙の鶴【DVD付】

 

丘みどりの新曲「紙の鶴」を聴いたの記事で

これはスルメ曲の予感・・・と書きましたが、

やはり聴くほどにイイ味が感じられてくる曲ですね。

いまチェックしたところAmazonの演歌ランキングでは4位。

ダントツの1位にならなきゃおかしいだろ・・っていうくらいのもの。

ぜひとも大ヒットしてもらってさらにメジャーな存在になり、

ひいては演歌人気の復活につなげてもらいたい。

 

といったところで今回はこのへんにしておきます。

来週は杜このみの新曲が聴けるかな?

-NHKうたコン
-, , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.