哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

DEATH/BLACK/DOOM PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL THRASH/POWER/SPEED 今週聴いたもの 新譜レビュー

今週聴いたもの:2022年6月16日~6月22日

投稿日:2022年6月22日 更新日:

いつも政権への不信感をぶちまけているんですけど、そういうこと書くと基本的に評判悪いみたい。まあ当然でしょうね。信じがたくそして情けないことに日本国民の約半分が現在の政権を支持してるんですからね。当然その方々からは不興をかうことになる。

だからあまり書きたくない気持ちはあるんです。しかも「侮辱罪」が厳罰化され、権力者の資質そのものを問うような発言はたとえそれが周知の事実であっても一歩間違えると刑務所送りにされるリスクも高まりましたしね。これが言論弾圧でなくていったいなんなのか。

しかし、権力者に対して「なにしてんだ」「ちゃんと働けや」「結果出せねえんなら辞めろ」「援助交際してる場合か」「80手前にもなってセクハラとか認知症なの?なら辞めろ」ということをちゃんと言わないから、奴らは選挙民をなめてテキトーなことばかりやってしまう。

自民党の奴らなんかまさにそうだけど、テキトーなことしてるとその結果落選してしまうかも、という恐怖を感じてないから緊張感ゼロ。今日の新聞に参院選党首討論の記事がのってて、そこに「有権者へ一筆啓上」として各党党首が直筆でボードに一言書いた写真があったんですけど、自民党の岸田が「日本を守り未来を創る」、公明党のなっちゃんが「日本を、前へ。」。

いやいやいや、あんたがたはいままで長~いこと政権を担ってきたくせに、まわりの国からは領土を脅かされまくり拉致問題は一歩も進まずで「日本を守」れてないし、多くの若者が将来を悲観するような絶望の世の中にしちゃって、「未来を創る」どころかぶっ壊してきたじゃないか。「日本を、前へ。」?あんたがたの政権で日本が前へ進みましたか。よくもまあ恥ずかしくもなく毎度毎度「やりますやります」で通そうとするよね。国民なんてみんなバカなんだから「やるやる」で国民を騙しとおせる、と思ってるんでしょうね。あんたがた与党は公約なんぞ掲げなくていい(どうせやらねえんだから)から、まずは「反省」を示しなさい。

こいつらに任せても無理、ということがもう明白になっているのに、なぜ同じやつらにまたやらせようとするのか。若者は将来が不安だ不安だ、希望なんかない、と言いながら、そういう日本をつくったこいつらを支持しちゃうのはなんなんだろうか。野党も無能?いつも言うようにそんなことは問題じゃないんですよ。死ぬ気で結果を出さないと選挙で負ける、というプレッシャーを与えないからまともな政権が生まれないのです。どちらも無能なのは仕方がないなら、まずは政権を替えることです。そうしないと絶対に日本は前にすすまない。

2009年の衆院選で自民党が大敗して野党に転落したときの当時の麻生首相のショボーンとしたカオ、あれを思い出してみれば、政治家がほんとうに反省するのは「選挙で負けたとき」しかなくて、奴らが最も恐れるのはそれなんだとわかるはず。そう考えれば政治家が無能で日本が斜陽になってるのは結局のところ我々選挙民の責任であり、参院選ではそこをよく考えて投票するべきでしょう。

SATAN「EARTH INFERNAL」

NWOBHMバンドSATANの、「CRUEL MAGIC」以来4年ぶりとなる新作!4月に出ててもっと早く聴きたかったんですが遅くなりました。

Amazon.co.jp Earth Infernal

コロナによるロックダウンなど、レコーディングにはさまざまなトラブルがあったらしい。メンバーも60代とか70代とかになってるし、ファンとしては伝説のバンドの新作が無事に出たというだけで喜ばなければならないでしょう。

で、サウンドのほうは相変わらず。ツインギターが高速フレーズをハモり疾走、そこへブライアン・ロスのジメジメ声が陰鬱な歌メロをのせる、80年代メタル。

いままでとまったく変わらない。これでいいんだよ!という感じですね。彼らになにか新しい変わったことやってほしい、と思ってるファンはそんなにいないでしょう。完璧な独自性を完成させて、それが支持されてる貴重なバンドなんだから、それが壊れることは誰も期待してないはず。今回は意識してユニゾンのギターソロをやってみたらしいですが、それも独自の音世界にふつうに溶け込んでて違和感は全然ない。

このまま変わることなく、健康に留意して頑張っていただきたい! 今回もコピーして悦に入りたくなるクールなリフが満載で最高でした!5曲目の「A Sorrow Unspent」がとくにお気に入りです!

おススメ度・・・★★★★☆

変わらず古臭いままなのが魅力的。SATAN「CRUEL MAGIC」が期待を裏切らない素晴らしいデキ。

平成初期に聴きまくっていたメタル名盤をふりかえってみる。その④~PARIAH編~

SAMMATH「TRIUMPH IN HATRED」

オランダのブラック・メタルバンド、SAMMATHの5作目(?)。2009年作。

Amazon.co.jp Triumph in Hatred

90年代からやってるベテランらしいが聴いたことなかった。ジャケ絵はデス/スラッシュ系っぽいけど、爬虫類系の耳障りなヴォーカルはブラック・メタル寄り。それがイイって場合もありますけどね、このバンドはどうかな・・・

 

若干ブルータル・デス寄りの、なかなか刺激的なブラックメタル!いいじゃないか!まったく期待してなかったからこれは得した気分。

曲自体はそんなにたいしたことないけど、ギタリストはけっこうなテクニシャンで、各曲にはテクニカルかつメロディアスなギターソロを聴かせる部分が配置されていて、それによってかなり個性をだすことに成功している。

しかしそれもちょっと半端な感じかなあ。テキトーに早弾きを披露しただけ、みたいなのもあるし。そこらへんをもっと突き詰めてもらえれば好きになっちゃったかも。

それと、脈絡なくいきなりブツン!って切れて終わる曲がいくつかあるのは、もともとこういう曲なのかそれともなにかの事情でそういう編集をしたのか。1曲目も乱暴なフェードアウトなのが気になる。

おススメ度・・・★★★☆

KING'S-EVIL「DELETION OF HUMANOISE」

最後に文句ナシにカッコいいのを。

日本のスラッシュ・メタルバンド、KING'S-EVILの2001年1stアルバム。

Amazon.co.jp Deletion of Humanoise

名前だけは存じていましたが音は聴いたことなかったんです。今回は偶然CDを手に入れたんですけど・・・

↑トップの「Victim And Hate」に完璧にKOされた! これは・・・カッコいい!

いや~。これ20年以上前の作品なのか。20年も聴かずにいてすみませんでした!ていうか、これまで聴かずにいてものすごく損した気分。めちゃめちゃイイじゃないか!80年代の風味も漂わせるスラッシュ・メタル。今で言うところではデスラッシュに近いか。LEGION OF THE DAMNEDあたりを思いだしました。

ズドズドズド~っていうスピード感抜群のスラッシュ・ビートにキャッチーかつカッコいいリフがのっかって疾走、そこへあるときには狂気じみた、またあるときには聴かせるメロディアスなギターソロがぶち込まれる。そして激情を吐き捨てるヴォーカルはひたすらアグレッシヴでありながらけっして「ただ喚いてるだけ」にはなってなくて、キャッチーさも備えている。ワールドワイドレベルのデキなのに、メジャーレーベルはなぜ放っておいたんだろう。

調べてみると2011年に2作目が出ているようで、いろいろ探したけど入手はかなり困難な模様で残念。見つけたら絶対に手に入れなくては。ていうかまだ活動してるのならぜひとも新作を!

おススメ度・・・★★★★☆

-DEATH/BLACK/DOOM, PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL, THRASH/POWER/SPEED, 今週聴いたもの, 新譜レビュー
-, , , , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.