哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

DEATH/BLACK/DOOM PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL THRASH/POWER/SPEED 今週聴いたもの

今週聴いたもの:2021年6月24日~6月30日

投稿日:

中国共産党が創設100年の記念日を迎えたそうですね。

私は25年くらい前に旅行で上海に行ったのですが、その当時は大都市の上海といえども日本人の観光客は「カネを持っていそう」って感じで目立っていましたね。道歩いていてもいろいろな人がモノを買ってもらおうと寄ってきたし、ホテルでは売春婦に声かけられまくりだったし、裏通りに足を踏み入れれば物乞いが群がってきた。

その中国もものすごく豊かに経済成長。隔世の感がありますね。中国の若者は、経済発展で豊かになったのは共産党の指導力のおかげ・・と思っているだろうから、天安門事件とかを知らない世代であれば、「中国共産党が最強で、絶対に正しい」となってしまうでしょうね。それが恐ろしい。

日本のマスコミは、経済発展とかの話ではなく、中国共産党100年の歴史はすなわち血塗られた弾圧の歴史であるということをもっと報じなきゃダメだろ、と思いますね。言論や思想の自由もなく、現在に至っても毎年数千人も死刑執行しちゃってるような国。テロ国家そのものでしょ。北朝鮮と同列に扱うべき。それができないのは、奴らのもつカネが欲しいから、っていうだけなわけか。気持ち悪いなあ。

日本国民はいま、パンデミック下ということでオリンピックに反対する人が多いけど、じつはほんとうに反対するべきは来年の北京での冬季オリンピックでしょう。どう考えてもボイコットしなきゃダメだろ。ウィグルやチベットや香港の人たちを「気の毒」とか言いつつ、その元凶である中国共産党が主導する北京オリンピックには喜んで参加するし、中国と商売してそのカネに群がろうとする。それは結局、中国共産党の人権弾圧を支持、もしくは見て見ぬふりをするっていうのと同じなのでは。バイデンはまっさきに北京五輪ボイコットを表明してくれないかなあ。っていうか、日本の政治家には「中国の人権弾圧は看過できない。北京五輪はボイコットするべき」って言う人はいないのね。それどころか、共産党100年に対して祝意をしめすメッセージを送った政治家もいたとか。クズだな。日本の政治家の人権意識がそもそも低いんだから仕方ないのか。

VADER「MORE VISIONS AND THE VOICE」

言わずと知れた、ポーランドのデスメタルの先駆者、VADERのライヴ映像作品。1998年3月のポーランドでのライヴの模様、それと2001年のブートレグライヴ映像、MV、インタビューなども収録されたお得盤。2002年発表。

Amazon.co.jp モア・ヴィジョン・アンド・ザ・ヴォイス [DVD]

私は輸入盤を観ました。MCはポーランド語?みたいなので何言ってるかさっぱり。上に貼った国内発売盤には日本語字幕とか入ってるのかな?インタビューではPeterの話すポーランド語?に英語の字幕が入っていました。

MCは冒頭にちょっとあるだけで、ほとんど淡々と次から次へ疾走ナンバーが襲ってくる構成。メンバーはみんな若いなあ。もう20年以上前の映像か。Shambo(ベース)Mauser(ギター)はひたすらヘドバンしてるのでカオは全然映らない。やはり映像の中心はPeterとなっています。個人的にはDoc(ドラムス。故人)の超絶テクをもっとつぶさに見たかったけど、なにしろ画質もカメラワークもそんなに良くないのであまり見えない。たまにステージに勝手にあがってきてヘドバンするオーディエンスも映像的には邪魔。セキュリティはちゃんと仕事しろ。

映像作品としてはそんなにクオリティが高いとは思えなかったけど、演奏はもう完璧。少しくらいは直してるところもあるのかわかりませんが、「ライヴだと音薄いよね」って感じるところはまったくない。さすがだ。「Black Sabbath」のカバーも超絶クール。

ブートレグ映像のほうはほんとにブートレグなので画質や音質はサイテーだけど、やはり演奏はド迫力。SLAYERと同様、もはやVADERはVADERというジャンルそのものをつくりあげたバンドであるというのが体感できる。

おススメ度・・・★★★★

MESSIAH'S KISS「DRAGONHEART」

ドイツのパワー・メタルバンド、MESSIAH'S KISSの3thアルバム。2007年作。

Amazon.co.jp Dragonheart

このバンドは初めて聴きました。あまり期待してなかったからいい意味でビックリ。これはもう誰が聴いてもPRIMAL FEARあたりを思い起こすであろう、メロディアスで真っ正直な、漢気溢れるパワー・メタル!

 

これは気に入っちゃった。一発で耳にこびりつくようなキラー・チューンはなかったけど、リフひとつをとっても「こうすればカッコよくなる」というのをよくわかっていらっしゃる・・・という感じで、メタル特有の高揚感と緊張感が全編を支配している作風は素晴らしい。こういう人たちは応援したくなる。今も活動しているのかな。

おススメ度・・・★★★★

CRIMINAL「DEAD SOUL」

今週の駄作。チリのスラッシュ・メタルバンド、CRIMINALの2ndアルバム。1997年作。

Amazon.co.jp Dead Soul

南米産スラッシュは私の好物。このバンドの作品は1stの「VICTIMIZED」だけは聴いていましたが・・・

残念ながらどちらの作品もつまらない。デスメタルに接近したサウンドで、速くて重いし、演奏のクオリティはかなり高い・・・けど、まあ思い付きで曲をつくってるようにしか感じられない、どの曲も似たり寄ったりな感じ。ていうか全部同じ曲。

近作は知らないからなんとも言えませんが、メタルの暗黒期だった90年代の作品だ、ということを割り引いても、買うことをおススメできるレベルじゃあないと思うなあ。速くて重くてウルサければそれでイイ、という人なら、買ってもいいのかな。

おススメ度・・・★★

-DEATH/BLACK/DOOM, PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL, THRASH/POWER/SPEED, 今週聴いたもの
-, , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.