哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL THRASH/POWER/SPEED 今週聴いたもの

今週聴いたもの:2020年12月17日~12月23日

投稿日:

「桜を見る会」の前夜祭の件。安倍前首相の公設第一秘書を略式起訴、安倍前首相は不起訴・・という決着になったようです。

予想通り安倍前首相は「私は知りませんでした」「秘書が勝手に」「結果として事実と異なる答弁をして申しわけない」というクソみたいな言い訳をしていましたね。

5年間も同じこと繰り返してて「知らなかった」わけないだろ。高級ホテルで懇親会やったら、ふつうの脳ミソの持ち主なら「会費いくらとってるの?5000円?それで足りるの?」とかいう会話になるでしょ。ほんとうに知らなかったとしたら途方もないマヌケ、そんな奴でも首相が務まるのかよ、という話で、部下がやってることを管理する能力もない無能、ということを自分で白状しているのと同じ。当の秘書は辞職したらしいですが、やめるくらいなら「安倍は知っていたはず。おれだけのせいにされたらたまらんよ」とか言えよ。情けない。

不祥事を起こした民間企業のトップがこんなふうに「知りませんでした」「部下が勝手に」なんていう言い訳したら大炎上ですよ。国民はこんなんで納得しちゃあいけませんよ。いまこそ「安倍は(議員を)やめろ」という大合唱が起こらなきゃあおかしい。

これでも自民党の支持率がまだ4割もあるっていうんだから、日本国民とはなんとおめでたいんだろう、としかいいようがない。どれだけデタラメをやっても選挙で勝てるとなれば、そりゃあウソもつき放題、勝手やり放題になるのは当然。どんなことがあっても次の選挙で自民党をぶっ潰さなければ日本の未来は真っ暗ですね。

毎度毎度文句ばっかりで自分でもイヤに。たまには「さすがだ・・」と唸らせてくれるような政治家がいたりしないのか。橋下徹氏は「選挙は『よりマシな政治家』を選ぶもの」と言ってましたが、まあ完璧を求めるのはムリだとしても、その理屈でいうとどう考えても自民党のやつらはサイテーすぎて「マシ」な部分がまったくないとしか思えないんだけどなあ。私なら多少無能だったとしてもウソをつかない政治家のほうが「よりマシ」だと思いますけどね。ウソをつかないような人は政治家にはなれないか。

 

INVOCATOR「THROUGH THE FLESH TO THE SOUL」

デンマークのスラッシュ・メタルバンド、INVOCATORの5作目。2003年作。

Amazon.co.jp スルー・ザ・フレッシュ・トゥ・ザ・ソウル

けっこうなベテランですが聴いたのは初めて。ベースにあるのはスラッシュ・メタルのようだけれども、ARCH ENEMYみたいなメロディック・デスメタル調の曲もあったり、SOILWORKみたいなモダンヘヴィネスを強調したヘヴィ・ロック調のものもあったりします。

イントロに続く、ヘヴィこの上なくかつ劇的なタイトル曲はカッコよかった。でも全体的にはあまり耳に残るフックのある曲はないかなあ。ザックザクのヘヴィなリフに身をまかせてるだけでキモチいい、といえばいいけど、ただそれだけ。ヴォーカルがイマイチなのもなあ。デス声じゃないからいいけど、迫力あるかというとそうでもない。

オススメ度・・・★★★

BLACK ABYSS「POSSESSED」

ドイツのパワー・メタルバンド、BLACK ABYSSの4作目。2012年作。

Amazon.co.jp Possessed

一聴してBLIND GUARDIANが思い浮かぶサウンド。そこに若干のモダン・ヘヴィネスをまぶし、もっとエクストリームになった感じ。

歌はちゃんと歌っていて、そこそこキャッチーで耳に残るメロディもある。

しかしBLIND GUARDIANのような、胸に迫る歌メロやドラマティックな展開があるかというと、あまりないなあ~。決して悪くはないけど、もう1回聴きたい!という必殺の曲がない。惜しい。

オススメ度・・・★★★

REDIMONI「STANDING BEFORE THE END OF TIME」

スペインのスラッシュ・メタルバンド、REDIMONIの2ndアルバム。

Amazon.co.jp Standing Before the End of Tim

2012年の作品だそうだけども、いやあ、そんな最近でもこんなC級スラッシュでCD出したりしてるバンドがいるんだあ。嬉しくなるような残念なような。

はっきりいってクオリティは高くない。ニワトリの首をしめあげたような素っ頓狂な甲高い声のヴォーカルが入ってきた瞬間爆笑しちゃった。いやいやいや、これはどう考えてもヴォーカリスト交代しなきゃダメでしょ。演奏も不安定だし音も悪い。買う価値はない・・・

んですけど、嫌いにはなれないなあ~。この単細胞っぷり。小難しいことやってドヤア・っていいつつ全然カッコよくないバンドよりも、こういうヘタでもバカ正直なスラッシュ・メタルのほうが好きなんだなあ。いまも活動してるのか知りませんが、期待しないけど頑張ってほしい。

オススメ度・・・★★

 

といったところで今回はこれで終わります。来週はもっと前向きなことを書きたいけど、コロナも爆発的に増えていきそうだし、気が重い年末年始になりそうです。

-PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL, THRASH/POWER/SPEED, 今週聴いたもの
-, , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.