哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

NHKうたコン

平成30年3月13日のNHK「うたコン」の感想

投稿日:

NHK「うたコン」、

今回は「あなたに贈る旅立ちの歌」。

そういえば世の中は卒業シーズンですね。

会社勤めもせず子どもがいるわけでもない私にとっては

「花粉症が怖いシーズン」というだけなんですけどね。

・・・「旅立ちの歌」・・この類の企画は、

あの曲とかあの曲とかかな、と思っていると

だいたい予想通りな曲目になることが多いので、

あまり期待しないで見ることになります。

出演者は

AKB48,海援隊,川嶋あい,北山たけし,クリス・ハート,香西かおり,椎名佐千子,田川寿美,氷川きよし,布施明,増位山太志郎,森山愛子。

やっぱりあの曲でスタート

今回の曲目は以下の通りでした。

やっぱりあの曲とかあの曲とかがあってちょっとウンザリ。

 

「贈る言葉」・・・・海援隊

「卒業」・・・・・・山本彩&柏木由紀&向井地美香&岡田奈々

「高校三年生」・・・北山たけし

「学生時代」・・・・椎名佐千子&森山愛子

「恋のダイヤル6700」・・クリス・ハート&AKB48

「空も飛べるはず」・・布施明

「芸道一代」・・・・田川寿美

「糸」・・・・・・・クリス・ハート

「旅立ちの日に・・・」・・川嶋あい

「マイ・ウェイ」・・・布施明&氷川きよし

「酒暦」・・・・・・・香西かおり

「勝負の花道」・・・・氷川きよし

「泣き虫」・・・・・・増位山太志郎

「ジャーバージャ」・・AKB48

 

NHK「うたコン」では昨年のこの時期にも

「あなたへ贈る 卒業・旅立ち 名曲集」というテーマでやっています。

そのときもオープニングは「贈る言葉」。

布施明の「マイ・ウェイ」もやってましたね。

そのときのことについては私の別ブログで感想記事を書いています

2017年3月28日のNHK「うたコン」をみた

が、そこでも書いた通り私は

「贈る言葉」という曲は好きになれない。

武田鉄矢の歌の劣化ぶりも加速していたし。

というか、いわゆる「卒業ソング」みたいなのが全般的に嫌い

(「贈る言葉」は「卒業ソング」というくくりにはハマらない曲だと思うけれど)。

「素晴らしいあの頃 学生時代」と思える人がうらやましい

今回椎名佐千子と森山愛子が歌った

ペギー葉山の「学生時代」には、

「素晴らしいあの頃 学生時代」という印象的なサビがありますね。

 

私は学生という立場を終わってから25年ほどになりますが、

学生時代を「素晴らしいあの頃」と思うことはほとんどないです。

「あの頃」を思うと、

若さゆえにひたすらに愚かで浅はかだった自分がやらかした

失敗や恥ずかしい出来事などしか浮かんでこないし、

集団で生活することが苦痛

(別にいじめられていたわけではないですが)で、

対人関係でも対教師も含め嫌なことばかりだったので、

「素晴らしい」思い出なんてないのです。

 

だから、「あの頃はよかった」みたいに学生の頃のことを語ったり、

嬉々として同窓会のお知らせを送ってきたりする人をみると、

ものすごくうらやましい。しあわせな人だなあ・・と素直に思いますね。

私は学生の頃のことなど思い出したくもないです。

ほんのちょっとだけ楽しかったこともありますが、

思い返すと「バカだった自分が恥ずかしい」と思うことばかりです。

なので、「学生時代」とかを聴くと(ものすごくいい曲だとは思いますけど)、

こういうふうに学生時代を「素晴らしい」と思える人生を送ってきた人は

ほんとうにうらやましいな、と。

 

そして、貴重な学生時代を

「素晴らしかった」と思えないような

生き方をして終わらせてしまった自分の愚かさ

思い、ひたすら後悔するのです。

 

自分が青春時代を無為に生きた、という後悔が沸き上がってくるから、

「旅立ちの日に・・・」みたいな

ひたすら前向きで美しいいわゆる「卒業ソング」は聴くと苦痛なのです。

 

「クソッタレな生活におさらばできて良かった。でも、卒業(旅立ち)の後も人生はただひたすらにクソッタレなことだらけ。それでも頑張って生きなきゃあいけないんだよ」

という絶望を叩きつけてくれる曲なら共感するかもしれません。

まあしかし、卒業などの旅立ちにそんな曲は相応しくないのは

間違いないので、卒業ソングは前向きで美しいものであるべきでしょう。

だからこそ私はあんまり聴きたくないです。

森山愛子と椎名佐千子はあれだけなのかよ!

くだらない個人的な話はともかく、

森山愛子と椎名佐千子の出番が

「学生時代」だけだったのが残念無念でした。

1月に出た椎名佐千子の新曲「舞鶴おんな雨」はカッコよかったし、

amazon.co.jp 舞鶴おんな雨

 

 

森山愛子の目下の最新曲「会津追分」も

重厚感のある王道演歌。

amazon.co.jp 会津追分

 

これがカッコいい。

曲の良さもさることながら、とにかく上手い。

彼女はこの火曜日7時半の枠では

「歌謡コンサート」時代から

他人の曲ばっかりやらされてる印象ですが、

もうなにを歌っても上手い。

ゆえにカバーばっかり歌わされる、のかもしれません。

私としては、上手すぎるゆえに逆に印象が薄くなっちゃう・・という気もしています

(市川由紀乃もそう)。

しかし・・・これほどの人をカバー要員みたいに扱うのはもったいない。

このへんで大ヒット曲を出してさらに上を目指してほしいものです。

 

最後に、

またまた豪快に曲名を間違えちゃった谷原章介には

猛省を促したいですが、ちゃんと言い直していたし

この程度ならご愛敬というところでしょうか。

 

今回はこのへんにしておきます。

次回は私が推している西田あいと杜このみが出演予定!

杜このみの新曲は1月に両A面で発売され、

2曲とも素晴らしかった(「函館夜景」のほうが特に)

ので歌ってくれることを期待してます!

-NHKうたコン
-, , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.