哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

NHKうたコン 演歌・歌謡曲

NHK「うたコン」の感想(平成29年10月14日放映)

投稿日:2017年10月14日 更新日:

NHKの歌番組「うたコン」。

前身の「歌謡コンサート」から、

現在の地上波で放映されている音楽番組の中では屈指のクオリティを

ほこる番組としてずっと見てきましたので、

なにごともなければ毎回、レビュー記事を書いていきたいと思っています。

10月3日以前の「うたコン」については

こちらの姉妹ブログにて感想記事を書いています。→パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

 

で、今回の「うたコン」は放映が土曜日となりました。

テーマは、「時代を彩った映画・ドラマ名曲集」。

出演予定者は、芦田愛菜,石丸幹二,井上芳雄,香西かおり,里見浩太朗,鈴木福,鳥羽一郎,氷川きよし,福田こうへい,水森かおり。

 

ミュージカルスター2人の充実ぶりが素晴らしかった

今回の曲目。

「男はつらいよ」・・・・・・・・氷川きよし

「マル・マル・モリ・モリ!」・・鈴木福&芦田愛菜

「ありがとうの歌」・・・・・・・福田こうへい

「ああ人生に涙あり」・・・・・・里見浩太朗&井上芳雄&石丸幹二

「君の名は」・・・・・・・・・・水森かおり

「喜びも悲しみも幾年月」・・・・氷川きよし

「スマイル」・・・・・・・・・・井上芳雄&石丸幹二

「ゴッドファーザー 愛のテーマ」・井上芳雄&石丸幹二

「道ひとすじ」・・・・・・・・・福田こうへい

「標ない道」・・・・・・・・・・香西かおり

「海賊の舟唄」・・・・・・・・・鳥羽一郎

「風のオリヴァストロ」・・・・・井上芳雄

 

なんか「人生の応援歌」的な曲が多くなりましたね。

 

今回は、ミュージカル俳優の井上芳雄と石丸幹二のふたりが

さすがの実力をみせつけてくれたのが印象的でした。

このふたりが里見浩太朗の左右で「助さん格さん」として直立不動で歌っている姿は

なんともシュールというか、不思議な絵図でなんか面白かった

(関係ないけど、里見浩太朗が黄門様、というのはいまさらながらどう考えてもミスキャストだったなあと。立派でカッコよすぎてちっとも「田舎ジジイ」にみえなかった。やはり東野か西村黄門が至高ですね)。

「スマイル」と「ゴッドファーザー 愛のテーマ」もカッコよかった。

「風のオリヴァストロ」ははじめて聴きました。

井上が唄ってるからすばらしく聴こえましたが、

曲自体はまあ普通・・・という印象でした。

福田こうへいの新曲

福田こうへいは、水前寺清子の「ありがとうの歌」と、

目下の最新曲「道ひとすじ」を歌唱。

 

テレビドラマ「ありがとう」は、私は再放送でみた世代ですが、

子どもながらに山岡久乃と長山藍子の演技に強烈な印象を受けた名作ドラマ。

で、主題歌の「ありがとうの歌」も水前寺清子の歌唱が強烈すぎて、

福田こうへいほどの人が歌ってもなんか違和感しか感じませんでしたね。

こうへいバージョンも悪くなかったですけど・・オリジナルが強烈すぎる。

 

で、新曲「道ひとすじ」。先日亡くなった仁井谷俊也氏が作詞。作曲は

(前の曲「母ちゃんの浜唄」だけは弦哲也先生でしたが)いつもの四方章人氏。

 

「みなさんの人生の主題歌になってくれたら・・」ということを番組中に

言っていましたが、まさにそんな感じの、男の決意や感謝や希望をうたう曲ですね。

コブシが揺れまくるコッテコテ演歌。

そういうのあんまり好きじゃないんですけどね、

彼の、耳から入って頭から抜けていくような高音と訛りのある発音は

聴いていて心地よくて、また聴きたくなってしまいます。

amazon.co.jp 道ひとすじ

 

 

水森かおりと里見浩太朗の出番が1曲だけだったのはちょっと残念でしたが、

水森は織井茂子のあの難曲をさすがとしかいいようのない歌唱で聴かせてくれたし、

なかなかいい内容だったと思います。

次回以降も、カンタンですがこんな感じでレビューしていきます。

よろしくお願いします。

 

-NHKうたコン, 演歌・歌謡曲
-, , , , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.