哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ディスク・レビュー 演歌・歌謡曲

丘みどりの新曲「鳰の湖」がカッコよすぎて倒れた

投稿日:

昨年、NHK紅白歌合戦に初出場、

次第に民放テレビなどでも露出が増え、

知名度、人気上昇中の

丘みどりの最新の両A面シングル

が3月7日に発売されました!

「鳰の湖(におのうみ)」「伊那のふる里」の2曲。

遅くなりましたがこのシングルの感想を。

「鳰の湖」は「ミステリアス演歌三部作」の最終章

「鳰の湖」は、

「霧の川」「佐渡の夕笛」から続く

「ミステリアス演歌三部作」の最後の曲だそうです。

作詞はたかたかし氏、

作曲は前の2曲と同じく演歌界ナンバーワンの神作曲家、弦哲也先生。

2曲目の「伊那のふる里」もこのコンビによる曲です。

amazon.co.jp 鳰の湖

前作「佐渡の夕笛」は個人的2017年演歌部門のダントツのベスト・チューン

だったのですが、

今回の「鳰の湖」も同じくらいドラマティック&ミステリアス、

超絶カッコいい曲になっています!

「鳰の湖」とは琵琶湖の別名、

「鳰」とはカイツブリという水鳥のことだそうです。

去って行った「あなた」との別れの哀しみをうたう曲。

 

これは・・・ヤバい。カッコよすぎる。

導入部は琵琶湖の情景をしみじみと噛みしめるように歌いますが、

「あなた この町から出ていくの」からは

圧倒的迫力で哀しみを吐き出します。

力強いメロディに心を揺さぶられること必至。

 

この記事執筆時点でamazonの演歌ランキングで1位。

しかし、もはやそれは当たり前、もし売れないならそれはプロモーションに問題があるか

ファンがアホなだけなのでは・・・と言いたくなるくらいのカッコよさです。

 

上品なんだけれど力強く、

透き通っているようでいて哀愁ただよう湿り気もあるという

稀有な魅力をもつハイトーンが

病みつきになる魅力を発散しています。

 

「ミステリアス演歌最終章」ということですが、

個人的には引き続きこの路線で攻めていってほしいなあ~と。

「伊那のふる里」はちょっと民謡テイスト

「伊那のふる里」は、

明るいメロディの、

ちょっと民謡テイストの入った曲。

松村和子あたりが歌っていそうな曲、と感じました。

「伊那」は「赤石・駒ヶ岳・・」という歌詞からもわかるように

長野県の伊那ですね。

メロディな明るいんだけれど、

ふっと切なさ、哀しさをみせるところが

入れられているのはさすが弦哲也先生。

 

私としては圧倒的に「鳰の湖」のほうが好みですが、

「伊那のふる里」も

イッパツでおぼえられるキャッチーなサビがすばらしいですね。

さらなる飛躍を目指せ!

2018年はこの素晴らしい新曲でもって

歌謡界を席巻してほしいですね。

最近はバラエティ番組などにも呼ばれているようで、

人気者になってくれるのは喜ばしいことですが

願わくばそのルックスの美しさだけではなく

曲と歌唱の素晴らしさ、魅力がもっと評価されてほしい。

 

ともかく、演歌ファンはぜひとも買って聴くべき作品だと思いますので、

おススメしておきます!!

-ディスク・レビュー, 演歌・歌謡曲
-, , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.