哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ディスク・レビュー 演歌・歌謡曲

津吹みゆ「みちのく恋桜」が会心のデキ!売れろ!

投稿日:

福島県出身の「直球ボイス」演歌歌手、

津吹みゆの6枚目のシングル、

「みちのく恋桜」が発売されました!

 

前のシングル「望郷さんさ」はやたらカッコよかったし

工藤あやの・津吹みゆ・羽山みずきがそれぞれ新譜を発売!その感想。 、

工藤あやのと羽山みずきとのユニット「みちのく娘!」の活躍もめざましい・・・

みちのく娘!のデビュー曲「春っコわらし」が予想を上回るデキ!

とあって期待していました!

表現力の進化を感じさせる

新曲「みちのく恋桜」。

のびやかな美声が冴えわたるサビが印象的な、

さわやかな哀愁のただよう演歌。

Amazon.co.jp みちのく恋桜/すみれの恋

 

おお・・・曲もいいけど

今回はなんというかいままでとちょっと異なる雰囲気というか、

表現力がより高まったという印象を受けました。

透きとおった高音が深い愁いをふくみ、それでいて可憐・・という、

彼女ならではの魅力がさらに感じられるようになった気がします。

 

カップリングの「すみれの恋」は前向きな片思いの曲。

初期の工藤あやのが志向していたようなさわやかな感じの曲で、

こちらもいいですね。

愁いを帯びた高音の魅力を前面に押し出してほしい

個人的には、

うなってみたりコブシをぶんぶんまわすような曲は

彼女にはあまり合わないと思うんですよね。

 

昨年の彼女のミニアルバム

「望郷こころ歌~旅路の夢~vol.3」。

Amazon.co.jp 望郷こころ歌Vol.3〜旅路の夢〜

さまざまなタイプの曲をやっていて、

それぞれ素晴らしかったんですが、

「祝い船」みたいな曲ではちょっとだけ

「若すぎるなあ」という印象をもちます。

なんか、歌が超うまい少女が、のど自慢でコッテコテ演歌を歌って、そのギャップが驚かれる・・・というような、あの雰囲気。

 

たしかに上手いし、そういう点ではいうことないけれど、

どちらかというと

「すみれの花咲く頃」のような、

透きとおった高音の伸びを堪能できる曲のほうが

彼女の歌唱の魅力を堪能できるのかな、と。

 

歌唱スタイルからも

坂本冬美の影響が絶大であることは

明確にききとれるんですが、

今回の「みちのく恋桜」ではそれを感じさせず、

ついに「これが津吹みゆ」という個性を確立しつつある・・・

と感じました!

 

ともかく、まだまだ伸びしろがめちゃくちゃありそうな人。

こういう人を応援し、演歌界を盛り上げていくことが

演歌ファンの使命というものでしょう。

なので・・ぜひとも買うべし!今後に大期待です!

-ディスク・レビュー, 演歌・歌謡曲
-, , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.