哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

DEATH/BLACK/DOOM PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL 今週聴いたもの

今週聴いたもの:2022年2月10日~2月16日

投稿日:

コロナ対策の「蔓延防止措置」を延長するか解除するか、なんて話をいろんなところでやっているようですね。

まあしかし、ふだん外食するわけでもなければ飲食業や観光業に従事しているわけでもない私のような者からすれば、蔓延防止措置が続こうが解除されようが自分の生活には1ミリも関係ないし、それをやったところで効果なんかあんの?って感じてる方は多いのでは。ということは感染抑止の効果なんかほぼないってことでしょうね。蔓延防止措置がとられていることを知らない人すらいるし。

報道をみてると、「蔓延防止措置」ってのは政治家が「仕事してます」感を演出するための道具として使われてるような気しかしないんですよねえ。いままで緊急事態宣言だのマンボウだの何回もやって、それでどんだけ効果があったのかっていう検証もされないまま、前と同じ措置をやるだのやらないだのと議論するだけで仕事してる感を出されても困る。飲食業の方たちも迷惑でしょうね。

首相だの官房長官だのの会見も、いつ聞いても「状況をみて適切に対処します」みたいなことしか言わないから、どういう方針でコトにあたるつもりなのか、どうしたいと考えているのかが全然わからず、まともな仕事はなあんにもしてねえんだろうなあ、としか感じられない。自民党のやつらなんてみんなそうだから今さら驚きませんけどね。「先手先手」と言いながら、よくよくみると先手で動いてなにかをやったっていうのは全然ないのでは?。オリンピックの外交的ボイコットだってほかの国の風向きをみて決めてましたしね。とにかく何がしたいのか全然みえないし、どんな価値観を重視しているのかもみえないし、なにかを成し遂げようという意志もみえない。権力の座にあり続けること自体が仕事の目的で、国のためになにかをしたいってのはとくにないんだろうなあ。結局はそんな人たちに投票しちゃった国民が悪いということか。

SABOTER「ARCHITECTS OF EVIL」

ギリシャのヘヴィ・メタルバンド、SABOTERの2作目。2018年作。

Amazon.co.jp ARCHITECTS OF EVIL

メンバーの写真をみると、80年代にはよく見た、レザー&スタッドに身を包んだ若者(?)が5人。こりゃあ思いっきりオールドスクールなサウンドが聴ける?と期待してCDをプレイしますと・・・

 

若干のパワー・メタル風味がまぶされた、トラディショナルでピュアな正統派ヘヴィ・メタルでした!最近のJUDAS PRIESTにさらにドラマティックさを加えた感じか・・・と思う曲もあれば、もっと古臭い曲もあったり。しかしとにかく徹頭徹尾、オールドスクールなヘヴィ・メタルであることは一貫している。MVでのヴォーカルのアクションはかなりダサい気がするけど、ちゃんと歌えてかつ味のある強靭な歌唱はかなりステキ。2曲目のオッサン声のコーラスなんかも最高だし、これはいいバンド。ちょっと長すぎて冗漫な印象の曲もあるにはあったかな。こういうバンドにこそ売れてほしい!

おススメ度・・・★★★★

WINDS「THE IMAGINARY DIRECTION OF TIME」

ノルウェーのゴシック・メタルバンド、WINDSの2004年作。バンドの情報がみつからないのでよくわからないけど、これが2作目らしい。

Amazon.co.jp Imaginary Direction of Time

ヴァイオリンやヴィオラなどが哀しみのメロディを奏で、そこへクラシカルな速弾きのギターがかぶさってくる。カッコいいじゃないか。ストリングスの分厚さがこのバンドのサウンドを特徴づけていますね。歌メロが退屈なのがイマイチなところではあるけれど、速弾きしつつも泣きのメロディを交えてくれるギターのおかげで最後まで聴かされちゃう。もっと長尺の泣きのソロをたくさんぶち込んでくれてればさらに良かった。

おススメ度・・・★★★☆

POSTHUM「THE BLACK NORTHERN RITUAL」

ノルウェーのブラック・メタルバンド、POSTHUMの3作目(?)。2014年作。

Amazon.co.jp The Black Northern Ritual

B級なプリミティブ・ブラックメタルを予想してまったく期待せずに聴いたら・・・なかなか悪くない。哀愁を含んだトレモロリフがいい味を出してる。曲によってはBATHORYみたいだったりHELLHAMMERみたいだったりもする。

↑この曲はイマイチだけど、ほかの曲には物悲しく煽情的でなおかつキャッチーなリフもあって、「どうすればカッコよくなるのかをよくわかってる」と感心させられました。しかし、ラストの10分の曲なんかもそうだけど、荒涼とした雰囲気はイイんだからそこにもっと哀しみあふれるメロディをてんこ盛りにぶち込んでほしかった、っていう不満は残るかな。2曲目もせっかくいい展開なのに最後はフェードアウトで終わっちゃってなんかもったいない。

おススメ度・・・★★★☆

-DEATH/BLACK/DOOM, PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL, 今週聴いたもの
-, , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.