哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

新BS日本のうた

令和4年2月20日のNHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」

投稿日:

北京冬季五輪が閉幕。

閉会式での北京五輪組織委員長とIOC会長のスピーチをテレビでチラッとみたんですが、ふたりともスピーチの冒頭には「アスリートのみなさん」とか「全世界のみなさん」とかではなく、いの一番に「習近平」の名を発していましたね。

ものすごく気持ちが悪かった。これをみれば、今回のオリンピックはすべてが中国共産党と習近平のためのものであり、すべての関係者はそのプロパガンダに利用されただけ、というのが一目瞭然じゃないですか?

やっぱり自由主義陣営の諸国はなにがなんでも全面ボイコットするべきだった。すると「アスリートが気の毒」という世論が沸き起こって、自分たちの支持率に影響するかも、と考えれば全面ボイコットはできない、ってなるんでしょうが、それこそ国益を損ねるアホな考え方なのでは。アスリートが気の毒とか言う話をするならコロナ対策のためにアホな行政の命令で運動会もさせてもらえなかった児童生徒の方がよほど気の毒。オリンピック選手はオトナなんだからそれくれえガマンさせたら?オリンピック選手たちの自己実現と名声とカネのために人権抑圧独裁国家でのオリンピックをヨシとしてその国威発揚に力を貸すっていうのは、首相がいつか言ってた「国益」の観点からすればどう考えても間違ってるでしょう。

ともかく、すべてが習近平と中国共産党にささげられた五輪。政治家や関係企業や組織委などの利益のために国民と選手が壮絶な犠牲を払わされた2020東京五輪と同じ、残念なことになんともいえない腐臭の漂う五輪となってしまった。冬季五輪は基準のあいまいな採点競技が多いからなおさら(採点競技はもう種目から外したら?どんな結果になっても後味悪い)。五輪が「平和の祭典」としての機能を果たすのはムリ、っていうのは誰の目から見ても明らかであり、もうやめる方向で考えたほうがいいのでは。

 

で、今回の「新・BS日本のうた」は、茨城県結城市での開催。

出演は、増位山太志郎、細川たかし、長山洋子、水城なつみ、福田こうへい、一条貫太、みちのく娘!(工藤あやの、羽山みずき、津吹みゆ)。

みちのく娘!の活躍がめざましい!

今回の曲目は以下のようになっていました。

 

「旅笠道中」・・・・福田こうへい

「鳳仙花」・・・・・長山洋子

「おさらば故郷さん」・・津吹みゆ

「池上線」・・・・・羽山みずき

「酒と泪と男と女」・・・工藤あやの

「男と女のはしご酒」・・増位山太志郎&水城なつみ

「若いふたり」・・・一条貫太

「男傘」・・・・・・細川たかし

「みちのく恋の花」・・みちのく娘!

「くれない渡り鳥」・・水城なつみ

「おとなの春に...」・・増位山太志郎

「捨てられて」・・・・長山洋子

「孫」・・・・・・・・一条貫太

「夫婦みち」・・・・・工藤あやの

「ロード」・・・・・・福田こうへい

「恋唄綴り」・・・・・増位山太志郎

「私がオバさんになっても」・・羽山みずき&津吹みゆ

「応援歌、いきます」・・細川たかし

「おまえに」・・・・・福田こうへい

「恋の奴隷」・・・・・長山洋子

「白糸恋情話」・・・・工藤あやの

「旅路の先に」・・・・一条貫太

「ふるさと山河」・・・福田こうへい

「やさしい悪魔」・・・みちのく娘!

「GOLDFINGER'99」・・福田こうへい&一条貫太&細川たかし

「さだめ雪」・・・・・長山洋子

「峠越え」・・・・・・福田こうへい

「北緯五十度」・・・・細川たかし

 

 

細川たかしの暑苦しい「北緯五十度」も良かったし、増位山の甘~い声もいつもながら最高だったけれども、個人的にはみちのく娘!が出てくれたのがすべて。今回はお色直しがいっぱいで大変だったでしょうね。津吹と羽山の「私がオバさんになっても」は可愛すぎた。

工藤あやのの新曲「白糸恋情話」については先日記事にしましたが→こういうのを待ってた!工藤あやの「白糸恋情話」が最高のデキ!、これはもう2022年演歌のベストチューン最有力候補。売れなきゃあおかしい。

番組でもMVでもそうだけどこの表情がいいね。会えなくてつらいけど彼の成功を夢見て仕送りしてるだけで幸せでした、っていう白糸の複雑な心情を絶妙に表現してる、哀愁あふれる笑顔がイイ。そのあたりも含めて素晴らしいデキ。今MVの再生回数9万回か。曲も映像もぶっ飛びのハイクオリティなのを考えたらまだまだ少ない気が。ぜひともMV100万再生、CD売り上げ100万枚を目指してほしい!

Amazon.co.jp 白糸恋情話

それと今回は、「白糸恋情話」と同じく師匠の弦哲也先生による名曲「夫婦みち」も歌ってくれてよかった。この調子でいつか弦先生の名曲をカバーしまくったアルバムとかつくってくれないかな。「金沢望郷歌」とか「みちのく挽歌」とか「ホテル港や」とか「千年の古都」とかを入れてくれれば(いや曲目はなんでもいいから)絶対に買いますよ!今回ドラマティックな本格演歌をやったのを機にそういう方向の作品も頑張ってつくってほしいな。

 

といったところで今回はこれくらいで。来週は再放送回みたいなので記事もお休みします。

-新BS日本のうた
-, , , , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.