哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL THRASH/POWER/SPEED 今週聴いたもの 演歌・歌謡曲

今週聴いたもの:2020年4月9日~4月15日

投稿日:

新型コロナウィルス禍が続いていますが、やはり大都市圏の感染拡大が顕著になっていますね。

これはやっぱり人が多くて動きが活発だから、ということなんでしょうが、思うに日本で最も危険な空間は「満員電車」なんじゃないのかなあと。

私の地域はまだ感染拡大というほどのことにはなっていませんが、大都市の通勤電車のように人と人とが密着する場所は(少なくとも公共の場所には)ない。人の動きはクルマが基本だし、電車も通勤時間であってもふだんから座れるくらいだから、不特定多数の他人と密着するシーンが少ない。だからいまのところあまり増えないんではないかという気がします。

するとやっぱり、体力のある大都市圏の大企業はみんな率先して休み、電車はとめる。とめるのがムリなら入場規制してすし詰めにならないようにコントロールするとか、まだまだやれることはありそうな気がしますね。

そういった施策を矢継ぎ早にドンドン打ち出していける有能な政治家が政権に少しでもいればまた違う展開になるでしょうが、優雅に自宅でくつろぐ姿をみせることで「外に出ないで」というメッセージが伝わると思っているようなのが首相では・・・日本は滅びるでしょうね。

長山洋子「恋つづれおり」

これは偶然手に入れた長山洋子の2000年発表のアルバム。こんなアルバム出てたの知らなかった。

Amazon.co.jp 恋つづれおり

12曲収録で、うち「恋酒場」「あずさ川」「遠い街」以外の9曲はこのアルバムのための書下ろしのようです。

アルバムタイトル通り、恋の歌が並んでいるんですけど、いかにもという典型的演歌は少ない。さまざまなタイプの曲が楽しめますので、演歌は苦手・・という方もイケるんじゃないでしょうか。

個人的には、さわやかな哀愁をただよわせる「青空」、昭和歌謡っぽくてギターのオブリガートがカッコいい「白い着物」、大月みやこあたりに歌わせてもカッコよさそうなドラマティックさの「抜海の里」などが気に入りました!

中古市場でみつけたら手に入れておくべき作品だと思います。

オススメ度・・・★★★★

BATTLE BEAST「BATTLE BEAST」

フィンランドのヘヴィ・メタルバンド、BATTLE BEASTの2ndアルバム。2013年作。いまやフィンランドの代表的メタルバンドとなりましたね。

Amazon.co.jp バトル ビースト

3枚目以降のアルバムはチェックしていましたがこの2nd、それと1stは未聴でした。

3枚目は「イイね!」4枚目は「あれ~?どうしたの?」5枚目は「こんなもんゴミ」という感想を持っていまして、1stと2ndを急いでチェックしようという気持ちはなかったのですが偶然手に入ったので。

 

このアルバムに収録されている「Out Of Control」はSABATONがカバーしているのを以前聴きました。

Amazon.co.jp SABATON ヒーローズ

↑これにボーナストラックとして入っていました。いっしょに入ってたMETALLICAのカバーはカスでしたが、「Out Of Control」はやたらとカッコよかった。ていうかボーナスのカバー曲であるこれがいちばんカッコいいじゃねえか・・と思ったのをおぼえています。

なので「Out Of Control」みたいなカッコいい曲がいっぱいあるならイイなあ・・・と期待しながらこの「BATTLE BEAST」アルバムを聴きました。

↑「Out Of Control」はやっぱりカッコいい。

ほかの曲も、いまよりももっとアグレッシヴでピュアなメタルだし、最新作では血迷っちゃったノーラ・ロウヒモのヴォーカルも野獣のような狂暴さとエモーショナルさを併せ持っていてステキ。アグレッシヴさとキャッチーさと適度なコマーシャルさがあって、こりゃあ売れたのも必然だな・・と思わせます。

まあ、ボケっと聴いてると「あれ?この曲さっきの曲と同じ?」とか思っちゃうくらい似通った雰囲気の曲も多いのはまだ若かったからなのかな・・・というところは気になるし、キーボードはシュワシュワうるさすぎる気もしなくもないけど、高品質なメタルアルバムであることは間違いない。

安く手に入る機会があれば1stも聴いてみよう。

オススメ度・・・★★★★

SCALA MERCALLI「BORDER WILD」

イタリアのパワー・メタルバンド、SCALA MERCALLIの2ndアルバム。2009年作。

Amazon.co.jp BORDER WILD

まったく知らないバンドではじめて聴きました。サウンドプロダクションはあまり良くない。

曲はけっこう複雑なのが多い。FATES WARNINGみたいなのがやりたいのかな・・・という印象をもちました。

悪くはないけど、私はこのヴォーカルがダメだ。音域が狭い中途半端なハイトーンで、とにかく息苦しく感じる歌いまわしがたまらなくダメ。歌メロもなんか不自然なものが多いのも気持ち悪さに拍車をかけちゃってる。

オススメ度・・・★★☆

ARKAYIC REVOLT「DEATH’S RIVER」

カナダのスラッシュ・メタルバンド、ARKAYIC REVOLTの2010年作。

Amazon.co.jp Death's River

EXODUSあたりを彷彿とさせるザックザクのリフが疾走するスラッシュ・メタル。いいねえ!

ベーシストがヴォーカルを兼任する3人バンドのようですが、薄っぺらくも荒々しく男らしいコーラスもイイ。

武骨ながらきちんと歌っているヴォーカルもイイ感じ。2曲目「From Hell」みたいなキャッチーな歌メロの曲がもっと多かったらよかったけど、チェックしておくべきバンドでしょう!アルバムはこれしか出てないのかな?

オススメ度・・・★★★★

 

といったところで今回はこのくらいにしておきます。

-PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL, THRASH/POWER/SPEED, 今週聴いたもの, 演歌・歌謡曲
-, , , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.