哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL THRASH/POWER/SPEED 今週聴いたもの 演歌・歌謡曲

今週聴いたもの(2020年2月20日~2月26日)

投稿日:

新型コロナウィルスの影響で音楽イベントも次々に中止もしくは無観客に。

まあ当然でしょうね。もう「大流行」という状況になるのはほとんど確実というところまで来ている。

ここで強力なリーダーシップを発揮できる人間が首相だったり厚労相だったりすれば、「大流行」にいたることを食い止められるかもしれないんですけどねえ、政府にはニヤニヤ・ヘラヘラ・ウソツキ野郎しかいませんからね。

批判されることを恐れていまだに「イベントの自粛を一律に求めない。自粛を要請する」「先手先手で対応できている」などとぬかしているようでは・・・。

このままでは大流行になり、我々国民はこんな奴らに政権を任せ続けたことを後悔しまくりつつ死んでいくことになるかも。

 

というわけで今週聴いたものの感想。

津吹みゆ「笑顔いっぱい歌にのせて」

先週の記事で新曲「嫁入り峠」のことを書いた津吹みゆのニューアルバム。

今週聴いたもの(2020年2月13日~2月19日)

Amazon.co.jp 笑顔いっぱい歌にのせて~デビュー5周年アルバム~

「5周年アルバム」と銘打たれた作品。これまでのシングル曲6曲と、カバー(「渡良瀬川」「かもめが翔んだ日」)、そして新曲が2曲という構成。

 

あらためて聴くと「会津・山の神」っていい曲だなあ。この曲のとき18歳。10代の歌手にありがちな青臭さは若干あるけどそれが嫌味に感じられないし、まさに「直球」の伸びやかな声の魅力が、そんなことはどうでもよくさせる。

「望郷さんさ」はやたらカッコいいし、哀愁をたたえながらもキャッチーな「みちのく恋桜」も素晴らしい。

 

しかし今回のアルバム、新曲が2曲ということで期待していたのですが、いまのところその2曲は私としてはちょっと印象が薄く感じました。どちらも彼女の歌唱には文句ないし、曲も決して悪くはないけど・・・シングル曲が良すぎるのでどうもイマイチに感じるなあ。

シングル曲6曲を一気に聴けるという意味ではおすすめのアルバム。

オススメ度・・・★★★★

VOLCANO「GODSPEED」

日本が誇る哀愁ギタリスト屍忌蛇率いるVOLCANOのニュー・アルバム。

Amazon.co.jp GODSPEED

 

毎年毎年アルバムを出してるのにも関わらず、毎度毎度のハイクオリティはさすが・・と唸るしかないデキでした!

イントロに続く「Salvage Sun」のアグレッシヴなリフにまずはノックアウトされます。カッコいい。

次の「I Decide Who I Am」は、解説にも書いてあったようにAMORPHISみたいな(私はSENTENCEDを思い出した)メランコリックな曲。キャッチーかつ哀しげなサビが泣かせます。もうここまで聴くだけで「さすがだ・・・」とひれ伏すのみでした。

歌詞には日本語が多用されていますがダサさは感じない。音的になのか声的になのかわからないけどもともと歌詞が聴き取りづらいからっていうのもあるかな。「D.R.」なんかはほとんど日本語でも聴くと英語みたいなノリ。それが意図するところなんでしょうね。

 

あとは「Angel Son」「Breaking,Saving,Killing,」「Grief」あたりの泣きまくり曲が気に入りました!

これはぜひとも買うべきアルバムです!

オススメ度・・・★★★★☆

TORMENTOR「VIOLENT WORLD」

ドイツのスラッシュ・メタルバンド、TORMENTORの1stアルバム。2012年作。

Amazon.co.jp Violent World

そういえば同じドイツのスラッシュの大御所・KREATORは初期にはTORMENTORと名乗っていたという話。

このバンドは2005年結成らしいので関係ないようですが、このTORMENTORのサウンドはそのKREATORの初期のころにちょっと似た感じかも。高速リフが突っ走る上に吐き捨て型のガナリヴォーカルがのるスラッシュ・メタル。

まったく期待しないで聴きましたが、そんなに悪くない。曲展開やヴォーカルラインに、聴かせどころをつくろうという意図が感じられるとこがけっこうたくさんあって好感。若いっていいなあ・・と目を細めたくなるようなエネルギッシュな突進が清々しい気分にさせてくれます。

残念だったのはギターソロがなんか中途半端だったところ。メロディを聴かせようとするんだけどそのメロディセンスはダメダメ。というかテキトーに弾いてるだけ。ただの思いつき。これならTOXIC HOLOCAUSTみたいにギターソロはいっさいナシにして、リフのクールさだけで勝負してくれたほうがよかった。

オススメ度・・・★★★

TRIOSPHERE「THE ROAD LESS TRAVELLED」

ノルウェーのヘヴィメタルバンド、TRIOSPHEREの2010年のアルバム。

Amazon.co.jp ザ・ロード・レス・トラヴェルド

予備知識ナシで聴いたら、カッコいい曲が多くてビックリ。

いわゆるメロディック・パワーメタル寄りの正統派メタルサウンドに、超パワフルな女性ヴォーカルがのっかる。

きちんと歌メロに重点を置き、キャッチーなフックが各曲に用意されている。イイね!

 

しかし、なんとかの一つ覚えのようにすぐにパタパタパタパタ・・・って高速でツーバスをキックしたがるドラムスはセンスがないなあ。せっかく歌メロがイイのになあ。そこだけがちょっと残念でした。

オススメ度・・・★★★★

 

 

といったところで今回はここまで。

今回はゴミのようなデスメタルはナシ!

来週あたりはそれで埋め尽くしてみようか。

-PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL, THRASH/POWER/SPEED, 今週聴いたもの, 演歌・歌謡曲
-, , , , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.