哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ディスク・レビュー 演歌・歌謡曲

島津亜矢「道」を聴いた

投稿日:

3月28日に発売された、

島津亜矢の新曲「道」の

シングルCDを買い、聴きました!

 

曲名は当初「絆」とアナウンスされていましたが

なにかの事情で「道」に変更になったそうです。

個人的には「絆」という言葉よりは「道」のほうが

重みが感じられて良いと思います。

「絆」という言葉は軽々しく使われすぎていて

もはや手垢にまみれた感じで嫌。

村田英雄あたりが歌ってそうな重い王道演歌

先ほども言ったように私は「絆」という言葉が嫌いで、

「キズナキズナ」と連呼する曲を聴くと

そこにウソ臭さを感じ取ってしまって拒絶反応を起こします。

今回の「道」では「こころの絆」とストレートな言葉が使われていますが・・・

 

amazon.co.jp 道

 

「阿吽の花」はそういう直球な言葉を使わずに

「絆」(と呼ばれているもの)を表現していて(作詞は今回の「道」と同じ久仁京介氏)、

さすがだ・・・と思うと同時に、

その曲と歌唱のあまりの素晴らしさに卒倒したものです。

amazon.co.jp 阿吽(あうん)の花

↑なぜミリオンヒットにならないのかが不思議!こういう曲が超ヒットにならないことが悲しい・・・と言い切りたいほどの名曲!

 

しかしまあ、私としては要するに「また『キズナ』なの?」

というウンザリ感が感じられなければいいわけで、

べつに「絆」という言葉ひとつにこだわるつもりはないです。

今回の「道」をきくと、

凡百の「キズナ曲」を聴くときのようなウンザリ感は

全然感じませんでした。

それはやっぱり、「絆」というよりももっと大きいスケールの、

「人生そのもの」を描いている歌詞であって、

そのうえ重々しい曲と歌唱が

人生そのものを表現し尽くすことができているからなんだろうな、

と感じました。

 

演歌の王道をいく、これぞ彼女にふさわしい演歌、という感じです。

ヘヴィな3拍子のうえに

ド迫力の歌唱がのって、

「莫迦を承知で進むだけ」という

歌詞の通りのパワーがビンビン伝わってきますね。

 

カッコいい・・・けれど、

ヒットするかといわれたら・・

ちょっと微妙な気がしますね。

売れ線の要素はまったくみえない。

 

カップリング曲は「恋花彩々」。

テンポの速い、明るい女歌。

私の好みではないけれど悪くないと思います。

演歌を歌わないコンサートの映像作品が5月に発売予定

彼女の公式サイトやテイチクのサイトには

情報が見当たりませんでしたが、

5月16日にDVDが発売になるようです。

amazon.co.jp SINGER in 東京オペラシティ(仮) [DVD]

昨年、東京オペラシティで行われた、演歌ナシでのコンサートを収録する模様。

 

う~ん・・・見たいけれど演歌がナシなら

「中古が出まわったら買おう」って感じですかね。

何度か書いてますけど

やはり彼女の魅力、真骨頂は演歌にあるわけで、

それが売れてほしいんですよね。

そういう意味で、「ド演歌」である「道」の

大ヒットを祈願したいです!

 

-ディスク・レビュー, 演歌・歌謡曲
-, , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.