哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ディスク・レビュー

山田姉妹「ふたつでひとつ~心を繋ぐ、歌を継ぐ」を聴いた

投稿日:

美人双子ソプラノデュオ、山田姉妹のニューアルバム、

「ふたつでひとつ~心を繋ぐ、歌を継ぐ~」が先日発売になり、

私も買って聴きました!

今回はこの作品の感想などを。

前作と同様のひたすら美しい歌声。ちょっとだけ新機軸もアリ

山田姉妹は山田華、山田麗の双子の姉妹によるソプラノデュオ。

これが2枚目のアルバムとなります。

amazon.co.jp ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ

 

前作「あなた~よみがえる青春のメロディー」では、

いわゆる「昭和歌謡」の名曲を

圧倒的に美しい歌声で聴かせてくれました。

amazon.co.jp あなた~よみがえる青春のメロディー

今回の「ふたつでひとつ」アルバムでも

名曲をふたりのハーモニーで聴かせる・・・

という基本は同じ。

ヴォーカルに関しては前作同様、

ひたすら美しいハーモニーを聴かせてくれます。

 

しかし今回は

比較的あたらしい曲が多くなった(半分くらいは平成に入ってからの曲)り、

ピアノ一辺倒ではなく弦楽器を使用してみたり、

自ら作詞を担当したオリジナル曲をいれてみたり・・・

といった新機軸を導入。

 

ヴォーカルが素晴らしいのはもうわかりきっていることだし、

大部分の曲は人口に膾炙している曲であって

それもいい曲ばかりなのはわかっている。

なので、2曲のオリジナル曲がどういう曲なのか、

に注目していたのですが・・・

予想通りの曲で驚きはナシ

オリジナル曲は2曲で、

「虹色の空」と「ただいま」。

う~ん・・・どちらも美しい曲なんですが

どうも印象が薄い。

それ以外の曲がどれも名曲といわれるほどの曲だからなのか、

オマケみたいな感じになっちゃってる気がします。

作曲はピアニスト・作編曲家の川﨑龍氏。

ほかの収録曲とあわせるように、ポピュラー音楽の作曲家に書いてもらったほうがよかったのでは・・・。

真面目で美しすぎる曲で逆に退屈。

「ただいま」は、もっとコマーシャルなアレンジにすればヒット曲になりそうな気もするけれど、

売れ線を狙うつもりはないんでしょうね。

 

まあ、「退屈」とかいう次元で聴いてはいけない崇高な作品なわけですが、

今後さらにメジャーになるためには、

そういう低いレベルで聴いている私のようなリスナーにも

もっとアピールできるようにするべきでしょう。

そういう面から考えると・・・

心が洗われるような作品で文句はないが・・・

私としては、

「なにを歌っても(美しすぎて)同じに聴こえる」

というのが、今後さらに売れるためには

克服してほしいところ、と思うのです。

 

伴奏はべつにアンプラグドに拘る必要はない気もするし、

軽快な曲はドラムスが入ってきたっていいし。

フォークソングっぽいアレンジにすればいいのにな、と思う曲もあります。

あくまでもふたりのハーモニーが主役、

ということでこうなっているんでしょうが、

アルバム全編を聴きとおすと、

どうしても平板な印象を受けてしまいます。

1曲1曲を聴くぶんには

素晴らしい、美しいという感動で溜息が漏れるくらいなんですけどね。

 

とはいうものの、

ゆったりとリラックスしたいときとか、

心身ともに疲れちゃってどうしようもないときとかに

癒し効果に期待して聴くには最高の作品かもしれません。

その美しい音世界にどっぷりと浸れば、

「また明日がんばろう。」という気になれるでしょう。

今後に期待したいです。

 

 

 

-ディスク・レビュー
-, ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.