哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ヘヴィ・メタル 思い出の名盤・名曲

思い出の名盤:デスメタルの源流・・POSSESSED「SEVEN CHURCHES」

投稿日:

私が純朴な少年だったころに感化されたメタル作品を

振り返る記事の続き。

1985年にMUSIC FOR NATIONSが出したコンピレーションアルバム

「SPEED KILLS ~THE VERY BEST IN SPEED METAL~」が

スラッシュ・メタル初心者だった私のバイブルとなった、という話を書きましたが、

思い出の名盤:スラッシュ・メタルへの傾倒を決定づけられた名作コンピレーション~「SPEED KILLS~THE VERY BEST IN SPEED METAL~」

今回取り上げるPOSSESSEDもそこに1曲(「Pentagram」)を提供していました。

デスメタルのパイオニア的存在のひとつ

POSSESSEDは、80年代半ばから活躍、現在も活動している

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ出身のスラッシュ・メタルバンド。

 

80年代のアメリカ西海岸のスラッシュ・メタルというと、

EXODUSやMETALLICAなどのいわゆる「ベイエリア・スラッシュ」が思い浮かび、

POSSESSEDもそのうちのひとつ、

ではあるんですが、音楽性という点ではそのなかでも特異な存在でした。

 

それは、悪魔や地獄やオカルトを題材にした歌詞や、

ひたすらガナり吼えるスタイルのヴォーカルが、

ほかのバンドとは一線を画していたという点。

 

すぐあとにDEATHとか、似たスタイルのバンドも出てくるのですが、

アメリカにおけるデス・メタルの先駆的存在だった・・・

というわけで、スイスのCELTIC FROSTやスウェーデンのBATHORYと並んで、

デス・メタルを語る上では避けて通れないバンド。

カッチリ決まってない演奏なのにカッコいい、奇跡的バランスの名作

デス・メタルのルーツ、という意味においても重要、

そして私が衝撃を受け聴きまくったのが

1985年発表の1stアルバム、

「SEVEN CHURCHES」。

amazon.co.jp Seven Churches

「SPEED KILLS」に提供されていた「Pentagram」を聴いて、

アルバムを欲しい・・でも(当時はガキだったので)カネがないのでどうしよう・・・

と思っていたところへ、西新宿のEDISONに行ったときにこれが大音量で流れていて、

うわあ・・やっぱこれスゲエ・・・と思って有り金をはたいて買ってしまった

思い出のレコード。

 

レコードに針を落とすと、映画「エクソシスト」のテーマが静かに流れてきて

恐怖感を演出。1分後には怒涛のスラッシュ・メタルが炸裂します。

 

普通なら「おお~!!」という感じでヘッドバンギングするところなんですが、

このバンドの場合はドラムスがヘタ、という致命的な問題があって、

あんまり気持ちよくノレなかった。

それどころか、徹底的にモタりまくるドラムスに、笑いがこみあげてくるくらい。

 

この作品を発表したころ、メンバーはみんな高校生だったらしく、

それを考えれば演奏がヘタなのは納得がいくんですけど

(SODOMやDESTRUCTIONやKREATORもデビュー時はそんなもんでしたよね)、

このバンドが凄かったのは、高校生でありながら

そうとは思えないテクニカルなギター、

あまりにも特徴的、独創的、変態的なリフ。

独自のスタイルをすでにもっていた曲とヴォーカル。

 

そして、テクニカルなギターにモタりながらも絡んでいくドラム、

という甚だ未完成なサウンドが、なぜかものすごくスリリングに感じられた、ということ。

イントロのギターで「オっ!」と思っても

ドラムスが入ってくると「あれあれあれ~」となってしまう。

冒頭のハイハットのカウントがすでにズレてるし。

そんな曲ばっかりです。

しかし・・・崩壊寸前な状態で突っ走る・・・これがスリリングだった。

ギターがとにかく上手いのでそれで助かってるというのもありますが、

曲自体が独創的で、しかも当時のアメリカのスラッシュ・メタルバンドとしては

最高峰の邪悪さをもっていた、からでしょう。

ヴォーカルの声質のカッコよさは、いまのデスメタル界にも並ぶ人はいないかも。

 

後進のデス/ブラック・メタルに多大な影響を与えただけあって

のちにPOSSESSEDの楽曲をカバーしたバンドもたくさんいて、

みんなPOSSESSEDよりも演奏が

上手いバンドばっかりだったのにもかかわらず、

POSSESSEDの邪悪な雰囲気、スリリングさに

敵う魅力を出せたバンドはいなかった。

 

メタル、ていうか音楽というものは、

上手けりゃあいいというものではない、というのがわかります。

演奏が超絶上手いと、なんか「安心感」みたいなものを感じちゃって、

ブルータルな曲でもあんまりエキサイトできないバンド、ってけっこういるんですけど

(私にとってはARCH ENEMYとかがそれ)、

デスメタルはそれじゃあいけないわけです。

 

この作品のあと、

アルバム「BEYOND THE GATES」(86年)、

EP「THE EYES OF HORROR」(87年)

を出し解散、いちど活動を再開するもまた解散、

2007年にまた再結成されていまだ活動中らしいです。

新作を製作中、という話もありますが・・・。

 

ともかく、現代の基準で言えばクオリティは褒められたもんじゃないけれど、

デスメタルのルーツのひとつ、という意味で

エクストリームなメタルを好きな人は聴いておくべき名作です!

-ヘヴィ・メタル, 思い出の名盤・名曲
-, , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.