哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ヘヴィ・メタル 思い出の名盤・名曲

思い出の名盤:「スラッシュ・メタル」の定義・・・「BONDED BY BLOOD」/EXODUS

投稿日:

私が若いころに感化されたメタル作品をふりかえる記事の続きです。

以前、1985年にイギリスのMUSIC FOR NATIONSからリリースされた

コンピレーション・アルバム「SPEED KILLS ~THE VERY BEST IN SPEED METAL~」

が私のスラッシュ・メタルのバイブルとなった・・・と書きましたが

思い出の名盤:スラッシュ・メタルへの傾倒を決定づけられた名作コンピレーション~「SPEED KILLS~THE VERY BEST IN SPEED METAL~」

しばらくのあいだ、それに参加していたバンドの傑作をふりかえっていきたいと思います。

 

今回はその「SPEED KILLS」に「A Lesson in Violence」を提供していた

EXODUS。

同曲も収録されている1stアルバム「BONDED BY BLOOD」です。

圧倒的カッコよさのキラー・リフの洪水

EXODUSは1980年代から現在まで(1度解散)活動している

アメリカ・カリフォルニア出身のスラッシュ・メタルバンド。

当時のアメリカ西海岸産のスラッシュ・メタルを

「ベイエリア・スラッシュ」と呼んだりしますが、

その代表的バンドですね。

現在の中心人物であるギターのゲイリー・ホルトはSLAYERのメンバーとしても活動しています。

METALLICAのカーク・ハメットが創設メンバーのひとりだったことで知られていますが

そんなことはどうでもよい。とにかくサウンドがすごいインパクトをもっていました。


amazon.co.jp ボンデッド・バイ・ブラッド (メタル・フロンティア・アーカイヴ・コレクション)

↑ジャケット・デザインは当時のB級メタルにありがちな絵。

ゲイリー・ホルトはどこかのインタビューで

「こういう絵になると思ってなかった」みたいなことを言っていましたが

(出典は覚えてません。すみません)、

これはこれで私は嫌いじゃないです。

↑LPの裏ジャケット。ドラムスのトム・ハンティングの白目になっちゃってる写真はもうちょっとなんとかならなかったのか。オリジナルメンバーなのに。カッコいいと思ってやったのかな?

 

「BONDED BY BLOOD」は1stアルバム。

 

衝撃的でした。

凄いスピードでザクザク刻まれるリフは

速いというだけでなくキャッチーで印象的。

「メロディがなくて、こんなの音楽じゃない」

などという人の声もきいていて

(今聴くとそれほどじゃないけど、当時としては最高にエクストリームだった)、

どんだけ凄いんだろう・・・と思っていたのですが、

「メロディがない」というのはヴォーカルの話であって、

ギター・ソロやリフはかなりメロディアスでおぼえやすく、

おぼえやすいということは首を振りやすい、振っていてキモチいい、ということで、

ザクザクのキラー・リフの洪水に身を任せているだけであっというまに

聴き終わってしまう・・・という感じでした。

 

リフのカッコよさだけで押し切ってしまう・・・ということにかけては

SLAYERの「SHOW NO MERCY」もかなりのものがありましたが、

(「The Final Command」とか死ぬほどカッコいい)

IRON MAIDENがめちゃめちゃ速くなった、みたいな

SLAYERとくらべると、EXODUSはより

「スラッシュ・メタル」然とした感じで、

すでに独自のものを構築し、スラッシュ・メタルとはこういうものだ、

という定義を提示していた、と思います。

 

そして、彼らが唯一無二の存在だった、という点については

リフや曲の素晴らしさだけでなく、

やはり故ポール・バーロフのヴォーカルの凄さが

寄与している部分が非常に大きいと思います。

ありえないブルータルさ

その当時、まだまだメタル初心者であった私にとって、

ポール・バーロフのヴォーカルは

こんなの聴いたことない、というありえない凶暴さでした。

アルバムを聴いたときは、なんらかのエフェクトをかけてこういう声を出しているんだろうと

思ったのですが、ライヴ映像をみると地声でやっているのがわかり、

しかもいまのデスメタルのヴォーカリストみたいに

死ぬほどいきんで声をだしているわけでもない。

まさにエクストリーム・メタルをうたうために生まれてきた男では。

↑私がEXODUSの曲の中で最も好きな「Piranha」! ポールのヴォーカルは狂気を孕み、さらにギター・ソロ後半部分のバックで刻まれるリフは卒倒しそうなくらいカッコいい!

 

私の同級生のメタル好きもこのヴォーカルに拒否反応を示していました。

しかし私はコレに完全にヤラれた。

こういう狂気を感じさせるヴォーカリストは、

現時点のメタル界にはあまりいないんではないか。

 

彼がうたっている映像作品(タイトルは忘れた)をほかにもみたことがありまして、

そこでも彼は酒かクスリにかなり酔っぱらっている(ようにしか見えない)状態で首振りまくりで、

よくこんなことできるなあ・・・と思っていましたが、

やはりというべきか、残念ながらドラッグが原因という脳卒中で2002年に亡くなります。

 

彼のヴォーカルを「ヘタ」「汚い声でわめいてるだけ」という人も多くいました。

しかし・・・、ヘタだからどうした。

ヘタだろうがカッコよければそれでいいのだ。

 

彼らは2008年にこの「BONDED BY BLOOD」アルバムを

再録音したアルバム「LET THERE BE BLOOD」を発表していて、

そこではロブ・デュークスという人がうたっています。

ロブのヴォーカルももちろん悪くない

(ていうかロブのほうが全然上手い)のですが、

その狂気のうずまく轟音に身をまかせひたすら首を振りたくなる衝動にかられるのは・・・

やはりポール・バーロフがうたっているほうなのです。

amazon.co.jp レット・ゼア・ビー・ブラッド (メタル・フロンティア・アーカイヴ・コレクション)

スラッシュ・メタルとはなにか?という問いに答えてくれる名作

ともかく、スラッシュ・メタルとはなんぞや?

と訊かれれば「これを聴け」とこたえるであろう

作品のうちのひとつ、であることは間違いなくて、

未聴の方にはぜひとも手に取ってもらいたいアルバムです。

EXODUSはこのあと9枚のスタジオ・アルバムを出していますが、

この1stアルバムを超えるものは出てないと私は思ってます。

 

-ヘヴィ・メタル, 思い出の名盤・名曲
-, , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.