哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

新BS日本のうた 音楽番組の感想

NHK BSプレミアム「演歌フェス 2019」第1部

投稿日:

さる9月9日、NHKホールにて開催された

「演歌フェス 2019」。

NHKのBS4Kで生放送されたのですが、

私はBS4Kをみられる設備をもってないのでみられませんでした。

 

観覧にも応募しましたけど落選。

5時間半では観覧するほうもたいへんだったでしょうね。

テレビでゆっくりと見られればよかったなあ・・・と思っていたところ、

BSプレミアムの、いつも「新・BS日本のうた」の枠で

再放送をしてくれるとのことで喜んだ次第です。

3回にわたって再放送(次回は9月29日、3回目は10月6日。)、

今回はその1回目。

 

出演は、

石原詢子、市川由紀乃、五木ひろし、丘みどり、川上大輔、川中美幸、川野夏美、北島兄弟(北山たけし、大江裕)、香西かおり、こおり健太、伍代夏子、小林幸子、坂本冬美、真田ナオキ、島津亜矢、千昌夫、田川寿美、竹島宏、辰巳ゆうと、天童よしみ、鳥羽一郎、中澤卓也、中村美律子、長山洋子、パク・ジュニョン、走裕介、氷川きよし、藤あや子、細川たかし、美川憲一、水雲-MIZMO-、水森かおり、みちのく娘!(工藤あやの、津吹みゆ、羽山みずき)、村木弾、杜このみ、森山愛子、山川豊、彩青。

豪華なメンバーで文句はないが・・あますところなくすべてをみせてほしい

「第一部」の曲目は以下のようになっていました。

 

「まつり」・・・・・・・・全員

「きよしのズンドコ節」・・氷川きよし

「北酒場」・・・・・・・・細川たかし

「心のこり」・・・・・・・細川たかし

「冬嵐」・・・・・・・・・細川たかし

「望郷じょんから」・・・・氷川きよし&細川たかし

「銀次郎 旅がらす」・・・彩青

「王手!」・・・・・・・・杜このみ

「浪花節だよ人生は」・・・細川たかし ほか

「星影のワルツ」・・・・・千昌夫

「人生に乾杯」・・・・・・千昌夫

「北国の春」・・・・・・・千昌夫&みちのく娘!

「二輪草」・・・・・・・・川中美幸

「笑売繁盛」・・・・・・・川中美幸

「人生いろいろ」・・・・・市川由紀乃&丘みどり&杜このみ

「紙の鶴」・・・・・・・・丘みどり

「雪恋華」・・・・・・・・市川由紀乃

「夢の振り子」・・・・・・竹島宏

「酔いのブルース」・・・・真田ナオキ

「尾曳の渡し」・・・・・・森山愛子

「永遠にサランヘヨ」・・・パク・ジュニョン

「兄弟連歌」・・・・・・・北島兄弟

「鳥取砂丘」・・・・・・・水森かおり

「高遠さくら路」・・・・・水森かおり

「さそり座の女」・・・・・美川憲一

「雪椿」・・・・・・・・・小林幸子

「釧路の夜」・・・・・・・美川憲一

「おもいで酒」・・・・・・小林幸子

「もしかしてPARTⅡ」・・・美川憲一&小林幸子

「愛染橋を渡ります」・・・美川憲一

「風といっしょに」・・・・小林幸子

「東京五輪音頭」・・・・・美川憲一&小林幸子

 

5時間半の内容を1時間半の番組3回でやっちゃおうというわけだから予想はしましたが、

曲のぶった切られ方がひでえなあ。

「二輪草」とかの切られ方はなんだよあれ。

削るべきところはほかにいっぱいあるだろ。

彩青は天才なのかもしれないけれど、このメンバーなら自分の曲を1曲歌うのは10年早いのでは。

なんで4Kで生放送なんだよ

BS4Kで生放送・・・と言われるまで、

じつは4Kだの8Kだののことについて

まったくわかってませんでした。

わが家のテレビは4Kに対応できるものらしいことも、

4K放送を視聴するためにはチューナーを用意しなければならないらしいことも知らなかった。

 

そういえば総務省は「2020東京オリンピックまでに4K・8Kの視聴世帯を50%にする」

とか言ってた記憶がありますが、最近はあまり言いませんね。

チューナー内蔵のテレビが売り出されたのも去年の後半くらいからだったらしいし、

そんなんでオリンピックまでにそんなに普及するはずもない。

しかも売られているのはやたらとデカいテレビばっかりだし。

いまどきデカいテレビを欲しがる人なんてそんなにいるのかな。お金持ちや、家族が多い人とかはそうなのかな。

 

そのへんの事情はよく知らないし興味もないですが、

「演歌フェス」はわざわざ4Kで放送しなくてもいいでしょ。

丘みどりがミニスカ(こないだコンサートでやったらしい)で歌うとか

みちのく娘!が水着になるとかいうんなら

「チューナー買えばいいんなら買おうか・・・」という気にもなるかもしれないけれども、

歌番組には超絶美麗画像など必要ない。

 

ともかく、衛星契約のぶんも受信料をきちんと払ってるのに、

「チューナーがないとみられません」とかふざけてるの?と。

ふつうに最初からBSプレミアムとかで生放送すりゃあいいのに。

丘みどりは将来間違いなく第一人者になる・・と確信

NHKへの文句はこれくらいにして

歌の部分についてちょっとだけふれましょう。

 

川中美幸や小林幸子が衰えを感じさせない流石の歌唱を聴かせてくれたのもよかったけれど、

今回放送分で個人的に「おおお・・・」と思って観ていたのは

やっぱり丘みどり。

「紙の鶴」って聴けば聴くほどに素晴らしい曲ですね。

せつなさと可憐さが絶妙のバランスで同居している。

 

「鳰の湖」や「佐渡の夕笛」は一聴して「スゲー!」って倒れちゃうインパクトをもつ曲で、

私はそっちのほうが好みだった・・と前に書きましたが、

丘みどりの新曲「紙の鶴」を聴いた

ミステリアス演歌では壮大なスケールでドラマティックに力強く哀愁を表現するかと思えば、

「紙の鶴」では「あなた」を想うせつない心をしっとりと歌い上げちゃうその表現力は、

この人が将来演歌界の第一人者となるのは2万パーセント間違いない・・・と確信させます。

Amazon.co.jp 紙の鶴【DVD付】

↑前にも書いたけど、この曲のシングルを買うのなら絶対にDVDつきのエディションを買うべき。

美しい丘みどりがいっぱいみられるうえに、

神作曲家・弦哲也先生の歌唱指導も入ってるという超お買い得盤。

 

その丘みどり、10月23日にニュー・アルバムが出るらしいですよ。

Amazon.co.jp タイトル未定

 

Amazonにあった情報ではなんと全曲書下ろしらしい。

新しい曲が10曲も聴けちゃうわけ?

仮タイトルが「十人十色」となっていますから、

さまざまなタイプの曲が聴けそう。

これは予約して買わなくてはならないでしょう。

といったところで今回は終わりにしておきます。

来週も期待することにしましょう。

-新BS日本のうた, 音楽番組の感想
-, , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.