哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

新BS日本のうた

令和3年6月20日のNHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」

投稿日:

東京オリンピックにむけて、外国から選手が来日し始めていますね。

ウガンダの選手団が来日したものの、空港でのPCR検査でひとりが陽性になってしまい隔離措置がとられたとか。今後、次々にこういうのが出まくるんでしょうね。来た時ならまだしも、競技が進んで決勝とかでいきなり陽性が出たら失格とかになるんだろうか・・と思ってたら、失格にはしないけど結局「負け」扱いにするらしい。決勝で陽性になっちゃったら自動的に銀メダルになるわけか。

それもひどい話じゃないですか?そういうことが続々と起こって収拾がつかない事態になる予感しかしない。そうなると、なにがしかの方法で検査結果を捏造したり隠したりとかいったこともありそう。国家ぐるみでウソをつく国の奴らもいっぱい来るわけですからね。

と、選手に陽性者がバンバン出たときのことを想像してみると(ほんとうに毎日全員検査するんなら必ずそうなるでしょう)、やはりこの状況下でオリンピックなんぞムリだったというのは明白。そりゃあただただ「やる」だけでOKならいいんだろうけど、少なくとも選手たちにとってはひたすら不公平で不自由なものにしかならないでしょう。コロナ陽性で有力選手が出られなかったりしたら、幸運にもメダリストとなった人も素直には喜べないし世間的な評価も微妙になるでしょうね。

そんなひどいオリンピックになってしまったのは、結局は政治家の奴ら、とりわけ自民党の奴らのせいですね。招致決定以降、ひたすらグダグダ、不祥事、不始末だらけ。コロナがなかったとしても、開催国として恥ずかしい事態になるのは目に見えていた。みんな忘れてるけど、さんざん騒いでいた「暑さ対策」なんかは結局なにも解決しないまま。タダでこき使うつもりのボランティアの人たちにはクソ暑い中でマスクつけて仕事させるのかな。ボランティアが熱中症で死んでも誰も責任とらないだろうしなんの補償もないのは確実。まだボランティアやるつもりの方々はそれわかってますかね。今からでも辞退したほうがいい。

 

で、今回の「新・BS日本のうた」は、神奈川県横浜市での開催。録画にてチェックしたので遅くなりました。

出演は、五木ひろし、冠二郎、吉幾三、藤あや子、島津亜矢、藤原浩、入山アキ子、黒川真一朗、葵かを里、純烈。

今回も無観客。オリンピックも客入れようって言うんだから自粛なんてする必要ないだろうに。

葵かを里の新曲がいい感じ!

今回の曲目は以下のようになっていました。

 

「夜桜挽花」・・・・島津亜矢

「純烈のハッピーバースデー」・・・純烈

「べにばな」・・・・五木ひろし

「雪 深深」・・・・藤あや子

「津軽平野」・・・・吉幾三

「誰かあいつを知らないか」・・・黒川真一朗

「ひとり貴船川」・・葵かを里

「しぐれ坂」・・・・冠二郎

「出張物語」・・・・葵かを里&黒川真一朗

「羅臼」・・・・・・島津亜矢

「Dream」・・・・・純烈

「浪花恋しぐれ」・・五木ひろし&藤あや子

「別れても好きな人」・・藤あや子&白川裕二郎

「月に笑う蝶」・・・入山アキ子

「長崎しのび酒」・・藤原浩

「夢のまにまに」・・藤あや子

「君といつまでも」・・五木ひろし

「黄色いシャツ」・・・入山アキ子&純烈

「今は幸せかい」・・・藤原浩

「旅の終りに」・・・・冠二郎

「残酷な天使のテーゼ」・・島津亜矢

「契り」・・・・・・・五木ひろし&島津亜矢

「港町挽歌」・・・・・吉幾三

「日本に生まれてよかった」・・・五木ひろし

 

 

久しぶり?に葵かを里が出演!最新曲「ひとり貴船川」を歌唱!

Amazon.co.jp ひとり貴船川

もう何回も聴いてますけど、今回も優雅な雰囲気をもちつつ哀愁のただようキャッチーな演歌。最初こそ「いつもと同じような曲だなあ」と感じたものの、聴けば聴くほどそのカッコよさがわかってきちゃう。イントロのクールさは尋常じゃない。

なによりもこの、色気とせつなさが同居する独特の歌唱の魅力は唯一無二。もっと売れなきゃあおかしい。

島津亜矢は新曲を7月21日に発売予定!

今回はカラオケで好まれる曲というテーマで、その流れで島津亜矢は「残酷な天使のテーゼ」を歌唱。

この曲はパチンコで10万回くらい聴いてるから嫌いじゃないけど、ありきたりな選曲すぎてつまんなかったなあ。アニソンを島津亜矢に歌ってもらうんなら、もっとこう、哀愁あふれる重い曲にしてくんないかなあ。「愛の光と影」(『ベルサイユのばら』)とか。我ながら言うことが古すぎると思うけど、島津亜矢に軽い曲は似合わない。「契り」は最高でした!

それはともかく、島津亜矢は来月に新曲を発売予定。さすがに今回は聴けなかったか。YOU TUBEにもまだトレーラーとかはあがってない模様で、どんな曲かまだわかりませんが、これは楽しみに待ちましょう。

Amazon.co.jp 夏つばき /白木蓮

 

同時に、演歌・歌謡曲の名曲のカバー集の新しいのも発売予定。

Amazon.co.jp カバーコレクション・シリーズ~永遠の歌謡曲を唄う~II

こちらには「女の港」とか「酒よ」とか「山河」とか、カバー音源を出してほしいと思っていた曲が収録予定らしいので大期待。ていうかSINGERが7枚も出てるのになんでこっちは「Ⅱ」なんだよ。もうSINGERは飽き飽きなので、こっちをもっとバンバンやっていただきたいものです。

 

といったところで今回はこのへんで。

-新BS日本のうた
-, , , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.