哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ディスク・レビュー 演歌・歌謡曲

丘みどりの「ザ・ファーストアルバム~みどりの風~」を聴いた

投稿日:

個人的に推している演歌歌手のひとり、

丘みどりの1stアルバムが発売され、買いました!

amazon.co.jp The First Album~みどりの風~丘みどり

丘みどりは2002年にアイドルとしてデビュー。

2005年に「おけさ渡り鳥」で、もともとなりたかった演歌歌手となり、

いまはNHK系の歌番組にはしょっちゅう出演する

演歌界の期待の星となりましたね。

ミステリアス&ドラマティック路線は大正解

前のシングル「霧の川」につづいて最新曲「佐渡の夕笛」と、

2曲続けて弦哲也先生の曲で、

どちらもいかにも弦先生らしいドラマティックな演歌になっています。

 

今回のアルバムには、「おけさ渡り鳥」や「木曽恋がらす」みたいな

ベッタベタな演歌はカバー曲以外は1曲もありません。

曲調の変化にともなって、歌声もアダルトな感じ

(高音のキンキンした感じがなくなったり)に変わってきて、

もはや数年前には超ミニスカートで演歌を歌っていたとはもう信じられないくらい、

品があって落ち着いた雰囲気になってきました。

↑いま見るとビックリする衣装ですけど、スタイル抜群でこの衣装で歌ってもたいした話題にもならなかったわけで、歌手に限って言えばこういう売り方はムダ、ということでしょうね。

 

まあ、ドラマティック路線一辺倒というわけにはいかないでしょうが、

個人的にはこの路線を貫いてほしいです。

 

今回のアルバムでは、彼女の写真は女神様みたいにやさしく微笑む感じのもの

が多く、シングル曲のシリアスなイメージとは離れていますが、

美しいのでそんなことはどうでもヨシ。

多彩なカバー曲を収録

今回のアルバムは12曲を収録。

 

「佐渡の夕笛」・・・・・・・・・最新シングル

「霧の川」・・・・・・・・・・・前のシングル

「雨の木屋町」・・・・・・・・・「佐渡の夕笛」のカップリング曲

「別離(さよなら)の切符」・・・「霧の川」のカップリング曲

「何度も何度も~母への思い~」・・シングル「椅子」のカップリング曲

「火の蛍」・・・・・・・・・・・新録?作詞:仁井谷俊也、作曲:弦哲也先生

「北の蛍」・・・・・・・・・・・森進一の曲

「氷雨」・・・・・・・・・・・・♪のませて~ください~のあの曲

「酒場にて」・・・・・・・・・・江利チエミの曲

「雪椿」・・・・・・・・・・・・小林幸子の曲

「帰ってこいよ」・・・・・・・・松村和子の曲

「アカシアの雨がやむとき」・・・西田佐知子の曲

 

カバー曲は非常に多彩、別の言い方をすれば統一感がないですが、

若い層に媚びるようなポップな選曲がなくてよかった。

どれも名曲ですね。

松村和子の「帰ってこいよ」は

歌い手の実力がものすごく試される曲だと思うんですけど、

すばらしいデキだと感じました。

高音でコブシをきかせまくる曲なので、

ヘタクソだと「うるせえなあ・・・」と感じるだけになっちゃうんですけどね、

彼女の場合はその高音が美しいので心地よい。

 

「火の蛍」だけ、既発の作品にもなく、誰かの曲でもないようなので

新録ということでしょうか。こちらもカッコいい。

冒頭のシングル曲のカッコよさは言わずもがな。

 

歌唱が素晴らしいうえに超絶美しいルックス、そしてさらに曲もカッコいい・・

となれば売れないほうがおかしいわけですが、

この記事作成時点でamazonの演歌ランキングでは29位、

ミュージックカテゴリ全体では2950位。

健闘しているといえるかもしれないけれど、

もっと売れてしかるべきだと思いますね。

この素晴らしい曲とアルバムをもってしても紅白に選ばれなかったら、

NHKは無能の集団とののしられてもしょうがないでしょう。

ぜひとも正当に評価されるよう、

本人はもちろん所属事務所もレーベルもがんばってほしいものです!

-ディスク・レビュー, 演歌・歌謡曲
-, , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.