哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

新BS日本のうた

令和3年10月24日のNHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」

投稿日:

衆院選の投開票まであと1週間。

もうず~っと同じこと書いていますが、とにかく選挙に行って、できることなら自民・公明以外に投票していただけることを切に願います。

公明党のなっちゃん(選挙になるといつも自分で「なっちゃんです」ってヘラヘラしながら言ってるから、こう呼んでも失礼じゃないでしょ)は「少子高齢化の問題は国家的に重要な課題」と演説で言っていながら、やると言ってることは「未来応援給付」(18歳以下に一律10万円配る)とか、「出産育児一時金」を42万から50万に増額するとか。公約にはほかにもいろいろ書いてあったけどはまったく具体的じゃなかった。

いやいやいや、全然意味なくないですか?一律10万円くれたところで、一瞬は助かる人もいるかもしれないけど、どうせその後には増税するんだし、長い目で見て何の効果もないでしょ。ものすごいおカネ使っても、お前らの票が少し増えるかもしれない、っていうだけ。まさに無駄遣い。そんなカネがほんとにあるんなら、子ども生んでくれた人に配れよ。それに、出産育児一時金が8万円増えたからって、「よーし!じゃあ子どもつくろう!」とかいきなり思う人がいると考えてるのかな。しっかりしてよなっちゃん。あんたがたがコバンザメやってるから自民党がやりたい放題で、日本はどんどんガタガタにされてるのに。詐欺集団自民党の暴走を止めるストッパーとして働いてくれてるんならともかく、全然そんなことないんだもん。

公明党のことはともかくとしても、岸田首相の言う経済の「成長」は、結局のところ少子高齢化と人口減少に歯止めをかけないかぎりムリ。それがわかっているくせに、少子高齢化対策についてはぜんぜん具体的なこと言えないんだもんなあ。政党交付金を何十億ももらうのをやめて、それを「子ども生んでくれたら配ります!」って言ってバラまいたらどうなんだ。どうせ国民のためにはハナクソほども役に立たない使い方してんだろ。

いずれにしろ、自公政権には「成長と分配」は絶対に実現できないのはもうわかりきっていることなので(今までできなかったんだから、もう見切りをつけるべき)、そこをよく考えたうえで投票するべきでしょう。ここで正しい判断をしないと、ほんとうに日本はつぶれる。いよいよ次の日曜!勝負の日です。

 

で、今回の「新・BS日本のうた」は、千葉県君津市での開催。司会のアナウンサー交代しましたね。

出演は、松原のぶえ、島津亜矢、三山ひろし、秋元順子、岩本久水、永井みゆき、竹島宏、タイムファイブ、井上由美子、島あきの、はやぶさ、辰巳ゆうと。

気楽にカラオケできる日常は戻ってくるのか

今回の曲目は以下のようになっていました。

 

「大器晩成」・・・・島津亜矢

「夫婦春秋」・・・・三山ひろし

「大阪ずずめ」・・・永井みゆき

「雨のブルース」・・秋元順子

「ソーラン渡り鳥」・・はやぶさ

「江梨子」・・・・・竹島宏

「愛傷歌」・・・・・松原のぶえ

「夜空のムコウ」・・タイムファイブ

「夏つばき」・・・・島津亜矢

「なさけ舟唄」・・・岩本久水

「いちばん素敵な港町」・・秋元順子

「祝い船」・・・・・三山ひろし

「いっぽんどっこの歌」・・岩本久水&井上由美子

「竹」・・・・・・・島津亜矢

「プラハの橋」・・・竹島宏

「トルコ桔梗」・・・島あきの

「男と女のラブゲーム」・・島津亜矢&辰巳ゆうと

「タッチ」・・・・・井上由美子&島あきの&永井みゆき

「皆の衆」・・・・・島津&三山&はやぶさ&辰巳

「涙の連絡船」・・・岩本久水

「愛のままで」・・・秋元順子&竹島宏

「浮世傘」・・・・・三山ひろし

「オロロン海道」・・井上由美子

「北海の満月」・・・辰巳ゆうと

「演歌みち」・・・・松原のぶえ

「サンキュ!ピース」・・はやぶさ feat.辰巳ゆうと

「荒川峡から」・・・永井みゆき

「花〇あげる」・・・松原のぶえ

 

客席は間引かれていましたがそんなに違和感はなかったですね。無観客に慣れちゃったからすごく賑わっているように感じる。もう少ししたら満席にできるようになるんでしょうか。

特集は「カラオケ演歌塾」ということで、カラオケでよく歌われる、別の言い方をするならありふれた選曲になるのかな、と思いましたがそういうのは少なかったですね。

 

ダサい髪型をやめて今風になった辰巳ゆうと。ますますジャニーズっぽく見えますけど、今回は「北海の満月」をカッコよく歌って、「イケメンなだけじゃねえぜ」というところをみせられたんじゃないでしょうか。クセのない歌唱で、逆に言うと一聴してそれとわかる特徴のないところが良くもあり物足りなくもある気がしますけど、イケメンでしかも歌えてしかも若い、とあっては、ヒット曲さえ出れば上の世代の氷川きよしフォロワーを全部ゴボウ抜きにできる可能性もありますね。

それはともかく、ようやくコロナが落ち着いてきたようにみえて、カラオケなんかもふつうに気軽にできるようになればいいですねえ。まだまだここで気を抜くとぶり返す危険がある、という意識があるから、なかなかそうはならないんでしょう。飲み薬など治療法が確立してしまえばふつうの風邪と同じ扱いにできるでしょうから、それまでは辛抱か。

-新BS日本のうた
-, , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.