哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

DEATH/BLACK/DOOM PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL THRASH/POWER/SPEED 今週聴いたもの

今週聴いたもの:2021年12月23日~12月29日

投稿日:

公明党の遠山清彦元衆院議員が貸金業法違反で在宅起訴されましたね。なんで在宅なんだよ。逮捕しなくていいの? 証拠隠滅の恐れはないの? アクセルとブレーキ踏み間違えただけの一般市民とかはなんでもすぐ逮捕しやがるくせに、権力を悪用して犯罪を犯したと目される元議員は逮捕しないのか。さすが官邸の犬になりさがった東京地検特捜部だな。選挙が終わってから起訴したのはやっぱり官邸に忖度したの?

「クリーン」をウリにしていた公明党の、「プリンス」とか呼ばれてた男の犯罪が明るみに出て、公明党のなっちゃんとかは責任とらないのか。有罪になったら腹切らなきゃダメだろ。議員の犯罪がわかると、政党の幹部たちはそれを全部その議員個人の問題ですまそうとするけど、我々国民はそれで騙されてはいけませんよ。酔っぱらって暴れたとか、わいせつ行為したとかなら個人の問題ですませてもいいが、こいつは議員の権力をつかって私腹をこやしたんでしょ。

ていうか歳費もらって文通費もらって献金ももらって、そのほかにも犯罪でカネ稼ごうとか、どんだけカネの亡者なんだよ。文通費問題では維新の人が「税金に群がるシロアリ」って批判していましたが、シロアリは1匹見つけたら何万匹もいると考えられるわけで、同じことやってるシロアリ議員は絶対にほかにもいっぱいいるでしょ。そんなに美味しい稼ぎのニオイがあればそこにシロアリが群がらないはずはない。それがわかっているから、政党の幹部たちは議員個人のせいにして問題を終わらせようとする。

新聞によれば誰だか知らないが自民党の幹部は「他山の石として引き締めなければならない」とかぬかしてたらしいですよ。二階も河井の事件の時に同じ言葉を使っていたけど、公明党の人間がやったことなら自民党にとっては「他山の石」じゃないだろ。連立組んでるんだから。

立憲民主党も結局文通費の使途公開はしないらしいし、既存の政党の国会議員なんてシロアリやハイエナしかいないんだなあ。年がら年中不祥事ばかり。こんな奴らに改革などできるはずもない。5年前にアメリカ国民がトランプを大統領に選んじゃった気持ちがわかる気がします。既存の政治家じゃなければ既得権益をぶっ壊してくれることが期待できると思ったんでしょうね。それも失敗に終わっちゃいましたけど、まともな人が議員になれるようなシステムにするにはどうすればいいのか、そこを変えてくれる政治家に出てきてほしいものです。

SUNRISE「ABSOLUTE CLARITY」

ウクライナのメロディック・スピードメタルバンド、SUNRISEの3作目。2016年作。

Amazon.co.jp ABSOLUTE CLARITY

クサいメロディ満載の、日本人好みのメロパワ。STRATOVARIUSあたりが好きなら確実に気に入るでしょうね。ギタリストもなかなかの技巧派。でもピロピロの速弾きをひけらかしてるような印象はなく、ソロの基本は流麗なメロディをきちんと聴かせるものであるところも好感。

キャッチーな歌メロも多いし、これは買う価値のある作品かも。東欧のバンドは侮れないなあ。文句をつけるとすれば、のっぺりした感じのヴォーカルがイマイチというところか。このタイプのメロパワのヴォーカルってこういう人が多いのはなんで?

おススメ度・・・★★★★

BAL-SAGOTH「ATLANTIS ASCENDANT」

独特の世界観の歌詞と音楽性で知られる、イギリスのシンフォニック・ウォーブラックメタルバンド、BAL-SAGOTHの5作目。2001年作。

Amazon.co.jp Atlantis Ascendant

なかなかそそられるジャケ絵ですな。このバンドの作品はほかにもいくつか聴いた記憶が。まあはっきりいってあまり印象に残ってないんですけど、残念ながらこのアルバムも同じでした。

たしかに、一言では言いあらわせないくらいいろんな要素を詰め込んでて面白いバンドではあるけれど、肝心の曲のデキはたいしたことない。思いつきのフレーズをくっつけただけの曲では、いくら歌詞の世界観が壮大であろうとも意味がない。その歌詞だってデス声でききとれませんしね。聞き終わった後には耳にも頭にも心にもな~んにも残らない。1回聴けばもう充分。シンフォニックなんちゃらいうバンドってほんとロクなのないなあ。頼むから滅んでほしい。

おススメ度・・・★★

STRIDENT「MARCH OF PLAGUE」

イスラエルのスラッシュ・メタルバンド、STRIDENTの2作目。2019年作。

Amazon.co.jp March Of Plague

同名のバンドがほかにもいるようでややこしい。こちらはイスラエルの4人組。メンバーはハゲやデブばかりでビジュアルはイマイチ(けっこう年配?)だけど、そんなことはどうでもいい。なかなかハイクオリティなスラッシュ・メタル!

LOST SOCIETYやEVILEあたりのいわゆるNEW WAVE OF THRASH METALと分類されるバンドと同じ種類といえるか。しかし曲のデキはLOST SOCIETYなんかよりずっとイイ。キャッチーなリフやサビがちゃんと配置されてるし。そういうところにきちんと気をつかっているというのは伝わってくる。緊張感あふれるリフは文句なしにカッコいい。デスメタルよりのヴォーカルはイマイチかな。もっとナチュラルに歌えばもっと良くなるのでは。

おススメ度・・・★★★★

-DEATH/BLACK/DOOM, PURE/AUTHENTIC/TRADITIONAL, THRASH/POWER/SPEED, 今週聴いたもの
-, , , , ,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.