哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ

演歌とメタルをとおして、人生の理不尽さをみつめるブログ。

ヘヴィ・メタル

JUDAS PRIESTのニューアルバム「FIREPOWER」が日本で世界最速発売へ!

投稿日:2018年1月7日 更新日:

おおお・・・私の崇拝するメタル・ゴッド、JUDAS PRIESTの、

「REDEEMER OF SOULS」(2015年)に続く

ニューアルバムが3月7日、世界最速発売される、

というニュースが目に飛び込んできました!

ジューダス・プリーストの18thアルバム『ファイアーパワー』、日本が世界最速発売!

リード・トラック「Lightning strike」を聴いた

YOU TUBEにはリード・トラックのオフィシャルビデオが公開されていました!

なんでも、今回はプロデューサーに

ARCH ENEMYやKREATOR、ACCEPTやEXODUS、

AMON AMARTHなどあっちこっちにひっぱりだこの

超売れっ子プロデューサー、アンディ・スニープを起用したらしい。

 

そういわれてリード・トラックを聴くと、

なるほど確かにそんな感じ。

アンディ・スニープ作品に共通する、硬質で整合感のあるサウンド。

まあここは好みの分かれるところでもあるでしょう。

AMON AMARTHなんかはアンディの手にかかったら

すっかりキレイで聴きやすいサウンドになっちゃって、

以前の荒々しく凶暴で粗野な魅力は後退しちゃった。

 

曲のほうはというと・・

なんか地味、というか普通。

普通のモダンなヘヴィ・メタル。

カッコいいけれど、往年の曲のような

ドラマティックなフックは感じられない。

やたらHALFORDっぽかった前作を踏襲している感じです。

ほかの曲に期待しましょうか。

 

発表されている曲目は

1. Firepower / ファイアーパワー
2. Lightning Strike / ライトニング・ストライク
3. Evil Never Dies / イーヴル・ネヴァー・ダイズ
4. Never The Heroes / ネヴァー・ザ・ヒーローズ
5. Necromancer / ネクロマンサー
6. Children of the Sun / チルドレン・オブ・ザ・サン
7. Guardians / ガーディアンズ
8. Rising From Ruins / ライジング・フロム・ルインズ
9. Flame Thrower / フレイム・スローワー
10. Spectre / スペクター
11. Traitors Gate / トレイターズ・ゲイト
12. No Surrender/ ノー・サレンダー
13. Lone Wolf / ローン・ウルフ
14. Sea of Red / シー・オブ・レッド

(さきほど貼ったソニーミュージックの公式サイトより引用)

 

となっていますが、14曲入りかあ~。

長尺でドラマティックな曲がほしいのにな。

ちょっとイヤな予感がしなくもない。

 

日本盤はハードカバーブック仕様でBlue Spec CD2のデラックス・エディション、

スタンダード・エディション、さらにアナログLP2枚組が出るようです。

「REDEEMER OF SOULS」はイマイチだったが・・・

JUDAS PRIESTについては全作品において

(程度の差はあれ)思い入れがあるので、

追い追い記事にしていきたいと思っているのですが、

前作「REDEEMER OF SOULS」は

個人的にはイマイチな感じでした。

さっき言ったようにやたらとHALFORD色が強かったし、

曲はそれなりにカッコいいけれど

すごいキラー・チューンというのはなかった気がしました。

「Battle Cry」なんかかなりカッコよかったけれど、

「アレっ?PRIESTならここからこう来るんじゃあないの?それで終わりなの?」

みたいな物足りなさを感じて、なんか歯痒い感じでした。

彼らは私にとって神と同格のバンドですが、

神といえども全能ではない。

 

いずれにしろ1曲聴いただけではもちろん判断できないので、

買って聴いてみて、それからまた記事にしたいと思います!

(3月9日 レビュー記事を追加しました→JUDAS PRIEST「FIREPOWER」を聴いた

 

-ヘヴィ・メタル
-,

Copyright© 哀しみの演歌と絶望のメタルを聴き漁るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.